NEW

JRA「超ハイレベル」ユニコーンS(G3)もカフェファラオ断然!? 戦績が物語るスケールの違い

【この記事のキーワード】

,

JRA「超ハイレベル」ユニコーンS(G3)もカフェファラオ断然!? 戦績が物語るスケールの違いの画像1
カフェファラオ JBISサーチより

 今週21日に東京競馬場で行なわれるユニコーンS(G3)には、サンバサウジダービーを勝ったフルフラット、OP勝ちの3勝馬デュードヴァンとサトノラファール、破格のタイムで2戦2勝のレッチェバロックなど、レベルの高い3歳のダート馬が集まった。

 そして、ここまで楽勝で2連勝中のカフェファラオ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)もこのレースに参戦してくる。

 堀厩舎はドゥラメンテ、モーリスを管理していた。2015年に全国リーディングトレーナーに輝いてからは、毎年リーディング争いに加わっており、今年も3位につけている。

 ところが、重賞勝ち数は2015年8勝、2016年7勝、2017年5勝と好成績だったのが、突然2018年に重賞0勝と、1つも勝てなくなる事態に陥ってしまう。

 昨年は3勝をあげて持ち直したと思いきや、今年はルフトシュトロームがニュージーランドT(G2)を勝ったのみという低調さだ。かつての堀厩舎の活躍を考えれば、かなり物足りない。

 だが、今回のユニコーンSでカフェファラオは、堀厩舎に重賞2勝目をプレゼントする可能性は高い。ここ2戦の走りは、とにかく非凡だ。

 カフェファラオは、2歳新馬戦で中山ダート1800mを1分54秒7の好タイムで逃げ切っている。これは2歳新馬戦の平均タイムが1分57秒前後なので、破格のタイムだ。

「この新馬戦で2着のバーナードループは、のちに兵庫チャンピオンシップ(交流G2)に出て優勝し、3連勝中です。この馬に10馬身差を付けて圧勝したのが、カフェファラオ。しかも、ムチを入れていません。

3着に9馬身差をつけたバーナードループも強いはずです。その馬が道中、先団についてカフェファラオを見ながらレースをしたのにもかかわらず、最後置き去りにされたのですから、カフェファラオの強さには驚くしかありませんでした」(競馬記者)

 カフェファラオは続くヒヤシンスS(L)で、出遅れて後方からの競馬だったが、3コーナーから大外を回って進出し、直線ではムチ2発だけで、迫る後続を寄せつけずに楽勝した。

 先週、カフェファラオはゲート練習を入念に行ない、一週前追い切りはD.レーン騎手を乗せ、美浦ウッドコースで併せ馬を敢行した。十分の折り合いをみせて、ラスト1F12秒0のタイムで併入し順調のようだ。

 米国3冠馬の遺伝子を持つカフェファラオがこのユニコーンSを勝って、堀厩舎を牽引していくような強い馬になっていけば、陣営としては心強いだろう。ユニコーンSの走りに、熱い視線を送りたい。

JRA「超ハイレベル」ユニコーンS(G3)もカフェファラオ断然!? 戦績が物語るスケールの違いのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!