NEW

パチンコ店が「恐れるトラブル」その正体とは…「勝ちやすい」なんてウワサが浮上する時期!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店が「恐れるトラブル」その正体とは…「勝ちやすい」なんてウワサが浮上する時期!?の画像1


 困った時の神頼み。長年パチンコをやっていると、様々な迷信やジンクスが生まれてくると思います。

「連チャン中はトイレに行きたくても我慢する」「大勝ちした時に着ていた服を勝負服として着る」など人によって様々な「個人的なルール」というものが、不思議と出来上がっていくものです。

 確率に支配された遊技台に立ち向かう術、とでも言うべきこういったジンクスは、運任せという要素を少しでも自分で「良い方向」にしたい一種の「願掛け」とも言えます。かくいう私も、パチンコやパチスロを打つ際に行っているジンクスがございます。

 パチンコに関しては、当たりそうなリーチが全くこない場合は席を離れて流れを変えようとします。パチスロに関しては、レア小役が全く来ない場合は反対の手でレバーを叩きます。

 もちろん、これらの行為に全く効果などありませんし、いい結果を生み出す訳でもございませんが「これでいい展開になればいいな」と思える自己満足を得られるのではないでしょうか。

 今のような梅雨の時期には「湿気が多いから玉がヘソに入りやすい」なんて根も葉もない話をするお客様も増えて、返答に困る事もございました。しかし、それは完全に迷信の域を出ない噂話に過ぎません。

 湿気が出玉に影響すれば、この時期にパチンコ店は大赤字となってしまいますし、多くのお客様が目の色を変えてパチンコを打つでしょう。しかし、実際にはそのような事にはなっておりませんが…。

 湿気というのは私が勤めていたホールに対して「悪影響」を与えているのは紛れもない事実です。

パチンコ店が「恐れるトラブル」その正体とは…「勝ちやすい」なんてウワサが浮上する時期!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!