NEW

JRA 8年前の「大誤算」福永祐一ロードカナロア「痛恨」のドン詰まりで無念の降板! 函館スプリントS(G3)武豊ダイアトニックは父の雪辱を果たせるか!?

JRA 8年前の「大誤算」福永祐一ロードカナロア「痛恨」のドン詰まりで無念の降板! 函館スプリントS(G3)武豊ダイアトニックは父の雪辱を果たせるか!? の画像1
ダイアトニック JBISサーチより

 21日、函館競馬場では夏競馬を彩るサマースプリントシリーズの第1戦目、函館スプリントS(G3)が行われる。秋のスプリンターズS(G1)を見据え、高松宮記念(G1)を好走した馬や、昨年の京阪杯(G3)を制したライトオンキューなど、好メンバーが揃った。

 なかでも最大の注目を集めそうなのは、前走まで手綱を取った北村友一騎手から今回、武豊騎手に乗り替わるダイアトニック(牡5、栗東・安田隆行厩舎)だ。春の高松宮記念では直線でクリノガウディーが内側に斜行した被害に遭い、惜しくも4位入線→3着と敗れたが、不利さえなければ勝っていた可能性も十分に考えられるレース内容だった。

 陣営としても仕切り直しとなる函館の地で、是が非でも勝利を手にしておきたいところだろう。鞍上に競馬界の第一人者である武豊騎手を迎えたことも勝負度合いの高さが伝わってくる。

 また、函館スプリントSはダイアトニックにとっても、ロードカナロアが敗れた因縁のレースでもある。世界的スプリンターだった父が、1番人気で3着に敗れた高松宮記念の汚名を晴らすべく出走したのが函館スプリントSだった。出走メンバーで前走G1から臨んだ馬はただ1頭ということもあり、単勝オッズ1.3倍という圧倒的1番人気に支持された。

 だが、確勝を期して挑んだこのレースで、ロードカナロアにとっては致命的なアクシデントが発生したのだ。このとき手綱を取っていたのは福永祐一騎手。前に行った馬が飛ばす展開の中、1枠1番の最内枠だったロードカナロアを福永騎手は最短距離を通れるインぴったりで追走した。

 直線入り口であとはバテた馬を交わすだけとなるはずだったが、外から追い上げた馬のプレッシャーもあったため、前の馬が内へ寄る格好となり、抜け出すスペースがなくなってしまった。

 突然目の前に現れた壁……ロードカナロアがもがく状況を尻目に、先に抜け出したのは松山弘平騎手の2番人気ドリームバレンチノ。断然人気馬がようやく進路を確保したときには、すでにゴールを駆け抜けていた。

 大本命馬のまさかのとりこぼしに、陣営は鞍上交替を決断。次走からコンビを組んだ岩田康誠騎手とともに、ロードカナロアは世界的名スプリンターへと駆け上がっていった。

 昨年は父を同じくするダノンスマッシュが函館スプリントSに出走となり、父の雪辱を期待されたものの、またしても想定外のアクシデントに見舞われた。

 禁止薬物である「テオブロミン」が、競走馬向けのサプリメントの一部に含まれていたことが明らかとなり、サプリメントを購入した厩舎に所属する156頭が競走除外となったのである。

 不運にもダノンスマッシュは当該馬の1頭であったため、出走とはならなかった。

 今年も安田隆行厩舎はダノンスマッシュに続き、ダイアトニックを送り込んできた。今度こそ、ロードカナロア産駒として、2着に敗れた父の雪辱を果たすことができるだろうか。

JRA 8年前の「大誤算」福永祐一ロードカナロア「痛恨」のドン詰まりで無念の降板! 函館スプリントS(G3)武豊ダイアトニックは父の雪辱を果たせるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!