NEW

JRA函館スプリントS(G3)ダイアトニックを超える軸馬あり! 「洋芝適性」「超絶穴馬」発見で「大波乱」を味方につける!? 激アツ強力現場情報をもとに「100万馬券」を狙う!

JRA函館スプリントS(G3)ダイアトニックを超える軸馬あり! 「洋芝適性」「超絶穴馬」発見で「大波乱」を味方につける!? 激アツ強力現場情報をもとに「100万馬券」を狙う!の画像1

 21日、函館競馬場で函館スプリントS(G3)が開催される。高松宮記念(G1)で3着のダイアトニック、京阪杯(G3)勝ち馬ライトオンキュー、重賞で連続して2着と好走しているフィアーノロマーノと好メンバーが集結した。

 だが、ロードカナロアが敗れた2012年から1番人気は8連敗中。14年に80万馬券、15年には90万馬券と、高額配当も珍しくないレースだ。今回、「強力現場ネタ」から函館スプリントSをハナビ杉崎が攻略する。

 まず「◎」はジョーマンデリン(牝4歳、栗東・清水久詞厩舎)だ。

 夏は牝馬という格言もあるように、先週のUHB杯(3勝クラス)を1分7秒5の好時計で勝利。そこからの連闘で、勢いそのままに初重賞に挑む。

「函館の芝は合いますね。それ以上に、前走はゲートの練習の効果で出て、好スタートから余裕を持った追走をできたことが大きかったです。引き続きいい状態です。相手は強くなりますが、時計の比較なら負けていませんよ」(厩舎関係者)

 実際に、1200mの持ち時計はティーハーフが4年前の高松宮記念で記録した1分7秒3に次いで、メンバー中2位の記録だ。当然、函館に限定すると頭一つ抜けている。最も洋芝適性があると見て、本命に指名する。

JRA函館スプリントS(G3)ダイアトニックを超える軸馬あり! 「洋芝適性」「超絶穴馬」発見で「大波乱」を味方につける!? 激アツ強力現場情報をもとに「100万馬券」を狙う!の画像2
ダイアトニック JBISサーチより

 次に「〇」はダイアトニック(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 前走の3着に敗れた高松宮記念は不利を受けた影響が大きかった。競馬にタラレバは禁物だが、G1制覇をしてもおかしくない内容だっただけに、今回のメンバーには負けられないだろう。

「トモも以前よりしっかりしてきて、スプリンターらしい体つきになってきました。今はいき脚もつきますし、馬込みも苦にしないなど成長著しいです。充実期に入った今なら58キ口もこなすと思いますよ。陣営は『ここで気分良く勝って秋こそ大きいところを狙いたい』と鼻息を荒くしています」(競馬記者)

 今年に入って3戦すべて馬券圏内で着差もわずか。前走では初の1200mにも対応しており、まさに今がダイアトニックにとって充実期を迎えたところなのだろう。近走の鬱憤を晴らすレースに期待したい。

JRA函館スプリントS(G3)ダイアトニックを超える軸馬あり! 「洋芝適性」「超絶穴馬」発見で「大波乱」を味方につける!? 激アツ強力現場情報をもとに「100万馬券」を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは