NEW

JRAエネイブル中心の凱旋門賞(G1)に緊急事態!? L.デットーリ「間違いなく私が騎乗してきた馬で、最高」欧州最強ステイヤーが「10馬身差」圧勝!

JRAエネイブル中心の凱旋門賞(G1)に緊急事態!? L.デットーリ騎手「間違いなく私が騎乗してきた馬で、最高」欧州最強ステイヤーが「10馬身差」圧勝!の画像1

 現在、日本競馬が誇る最強ステイヤーといえば、今年の天皇賞・春(G1)を制し、連覇を飾ったフィエールマンが圧倒的な存在だ。天皇賞・春連覇に加え、3歳時には菊花賞(G1)も勝利。実績的には歴史に残る名ステイヤーといえるだろう。

 ただ、世界は広い。日本よりも長距離G1が豊富な欧州では現在、歴史的な怪物ステイヤーが席巻している。

 18日、イギリスのアスコット競馬場で欧州G1最長距離の3990mを誇るゴールドCが行われ、断トツの1番人気に推されたストラディヴァリウス(牡6歳、英・J.ゴスデン厩舎)が10馬身差を付けて圧勝。改めて、欧州のスタミナ自慢たちを震え上がらせた。

「間違いなく私が騎乗してきた馬で、最高のステイヤーです」

 レース後、そう手放しで絶賛したのは世界No.1ジョッキーのL.デットーリ騎手だ。これまで200を軽く超えるG1を制覇、このゴールドCだけでも8勝目を飾った伝説的名手が、文句なしの「史上最強ステイヤー」にその名を挙げている。

 それもそのはず。3歳夏に重賞初制覇を飾ったストラディヴァリウスは、初のG1挑戦となったグッドウッドC(G1、3200m)で、いきなり古馬を一蹴してG1制覇。年が明けて古馬になると、そこから長距離重賞を10連勝。約1年4カ月も無敗を継続した。

「いや、強かったですね。これでストラディヴァリウスはゴールドCを3連覇。前々走の英チャンピオンロングディスタンスC(G2)で、3000m超で初の敗戦(2着)を喫し、連勝が10で止まった時は、一部のメディアから『いよいよ王者陥落か』と報じられていたんですが、まったくの杞憂に終わりました。

今回は重馬場のタフなコンディションでしたが、最後の直線でライバルたちが次々と止まっていく中、1頭だけ最後まで伸び続けたスタミナは、まさに無尽蔵。この距離なら負けることはそうそうないでしょうね」(競馬記者)

 今回でG1・6勝目を飾ったストラディヴァリウスだが、チャンピオンステイヤーという称号だけで終わるつもりはないのかもしれない。レース後、本馬を管理するゴスデン調教師は「秋に凱旋門賞(仏G1)を走ることも(オーナーと)話し合うことになる」と世界最高峰の舞台への挑戦をほのめかしている。

「陣営は凱旋門賞を睨んで、今回のゴールドCの前哨戦に2400mのコロネーションC(G1)を使っています。結果は3着でしたが、2歳以来の2400m以下の戦いで3着なら上々でしょう。陣営も手応えを感じていたようですよ。

良馬場の高速決着になると厳しいかもしれませんが、スタミナを要する重い馬場になれば、凱旋門賞でも怖い存在になることは間違いないでしょうね。まずは次走のグッドウッドCで4連覇を懸けて走るそうです」(同)

 昨年の有馬記念(G1)ではフィエールマンが、凱旋門賞帰りという難しい状況の中で4着とチャンピオンステイヤーの意地を見せていた。新型コロナウイルスの影響で、開催が不透明な今年の凱旋門賞だが、フィエールマンの動向次第では日欧の最強ステイヤー対決が見られるかもしれない。

JRAエネイブル中心の凱旋門賞(G1)に緊急事態!? L.デットーリ「間違いなく私が騎乗してきた馬で、最高」欧州最強ステイヤーが「10馬身差」圧勝!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!