NEW

甘デジ「破格の出玉感」を実現!「一撃力」を最大に高めた興味深いスペック!!

甘デジ「破格の出玉感」を実現!「一撃力」を最大に高めた興味深いスペック!!の画像1

 失われた30年を謳歌するデフレ天国「ニッポン」において、ファーストフードは多くの庶民にとってグルメ最前線である。

 ファーストフードといえば迅速に提供された商品を手っ取り早く貪り食うのが習わしで、特に「いらち」の多い日本人は準備に時間がかかると支払う額がどれだけ少なかろうと鬼の首を取ったように怒り出す場合も多いので商品提供スピードは命なのである。

 ところが「サブウェイ」ときたら、他のファーストフード店のような注文マニュアルとセット・パックの簡単チョイスによる雁字搦メニューではなく、自分の好みを反映できる自由度の高いオーダーメイドスタイルなのである。

 これはもうあたふたせずにはいられないのである。本当は「今日はハニーオーツの気分だな」とか「チーズとアボカド追加、オニオン多めでピーマン抜いて」などおしゃれなカスタマイズを楽しみたい気持ちもあるが、メニューに載ってる商品を指差し、途中の工程をオールスルーでガラスケースの前を足早にレジまで一直線となるのである。

 このような逆にサービス提供側のスタイルを押し付ける手法、わりと嫌いではないし、パチンコでも見受けられるジャンルである。最近だと『PAガンスリンガー ストラトス 遊撃ver.』であろうか。

 このマシンは小当りRUSHを搭載しているが、既存の小当りRUSHとは一線を画するゲーム性となっている。これまでの小当りRUSHがデンプシーロールなら本機の小当りRUSHはガゼルパンチなのである。わからん。

 まあ「小当りRUSH」を名乗りながら一撃力を最大に高めているような仕様で、小当り確率が1/17と従来の小当りRUSH機が採用している1/1.1だの1/1.2だのに比べれば非常に重たいのであるが、小当り1回で約100発の出玉を獲得できるのである。

 通常なら小当り1回分の出玉は15個、30個といったレベルなので、その破格の出玉感をおわかりいただけるだろう。

 また、せっかく小当りRUSHに突入してもすぐに確変が抜けてしまっては本末転倒である。

 特に大当り確率の高い甘デジは確変中の大当り確率も1/10付近と非常に当りやすく設計されているので、その危惧を覚える向きもあろうが、本機はほぼ通常時と同じ確率に設定されているために、7~8回は100発小当りを獲得できる計算となる。

甘デジ「破格の出玉感」を実現!「一撃力」を最大に高めた興味深いスペック!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事