NEW

JRA“荒治療”で「完全復活」ケイティブレイブ! 帝王賞(G1)は名コンビの「恩返し」に最適な舞台!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA荒治療で「完全復活」ケイティブレイブ! 帝王賞(G1)は名コンビの「恩返し」に最適な舞台!の画像1

 24日、大井競馬場で上半期のダート頂上決戦・帝王賞(G1)が開催される。昨年の1、2着馬のオメガパフューム、チュウワウィザードに加えて、一昨年と昨年の最優秀ダート馬であるルヴァンスレーヴ、クリソベリルが出走する現役のダート界トップホースが一堂に会するレースだ。

 その中でも、2017年の帝王賞の勝ち馬・ケイティブレイブ(牡7歳、栗東・杉山晴紀厩舎)の存在を忘れてはならない。

 これまでに重賞10勝(うちG1・3勝)を挙げる古豪は、波乱万丈の競走馬生活を送ってきた。

 昨年のドバイ遠征では、疝痛を発症してドバイワールドC(G1)の出走を取り消し。その後、腸捻転を発症して現地で緊急手術を受けた。腸捻転は命にも支障をきたす恐れのある病気のため、素早い処置が功を奏して一命を取り留めたのだ。

 その後、復帰戦となる11月の浦和記念(G2)を見事に勝利し、完全復活。と思われたが、次走の東京大賞典(G1)で8着、川崎記念(G1)で6着と惨敗を繰り返してしまった。

 近走の敗戦のせいか、今年のフェブラリーS(G1)では16番人気の最低評価。メンバー中最上位の実績を持ちながら、この評価は屈辱だったに違いない。この人気からも「ケイティブレイブはもう終わった」と多くのファンが思っていたことが想像できる。

 だが、ケイティブレイブはその下馬評を覆す2着に入るという大波乱を巻き起こした。

 この時、コンビを組んだのはG1初騎乗となるデビュー9年目の長岡禎仁騎手。なんと、ケイティブレイブに調教で跨っていた若手ジョッキーに白羽の矢が立ったのだ。レースでは相棒の末脚を信じ、終いを活かす勝負に出たことが実を結んでの2着だったのだ。

「よく伸びてくれました。本当にいい伸びで、勝てるかと思ったほどでした」

 惜しくも勝利を逃したが、大健闘の内容と言えるだろう。それと同時に「名コンビ」誕生の瞬間でもあった。

 実はこのコンビ結成には杉山調教師の策が垣間見られる。

JRA“荒治療”で「完全復活」ケイティブレイブ! 帝王賞(G1)は名コンビの「恩返し」に最適な舞台!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!