NEW

JRA帝王賞(G1)クリソベリル、ルヴァンスレーヴは消し! 上位人気だけでは決まらない!? 人気の盲点に流して「爆穴」ゲット

【この記事のキーワード】

, ,

JRA帝王賞(G1)クリソベリル、ルヴァンスレーヴは消し! 上位人気だけでは決まらない!? 人気の盲点に流して「爆穴」ゲットの画像1

 24日、大井競馬場では帝王賞(G1)が開催される。昨年に続いて連覇を狙うオメガパフューム、昨年のチャンピオンズC(G1)を勝利したクリソベリル、川崎記念(G1)を圧勝したチュウワウィザード。これに加えて長期休養明けのかしわ記念(G1)を叩かれたルヴァンスレーヴなど興味深いメンバーが集まった。

 各馬の能力が拮抗しており、予想は難解ながらも点数を広げては馬券的な妙味も薄れてしまうだけに狙い馬を絞るか、あっと驚く穴馬の激走に期待したいところである。

 穴党を自認する与田飛鳥が「爆穴」ゲットを狙って予想をしてみたい。

「◎」はオメガパフューム(牡5、栗東・安田翔伍厩舎)。昨年の勝ち馬でコンビを組んでいるM.デムーロ騎手が完全に手のうちに入れているのが強み。前走の平安S(G3)はトップハンデの59キロを背負いながらも完勝といえる内容だった。負かした相手もヴェンジェンスやゴールドドリームと強い相手であり、間違いなくダートのトップクラスといえるだろう。

 帝王賞はなぜかこれまで連覇の達成がなかったレースだが、今年は史上初の連覇を見られそうだ。また、人気を分けるライバル馬と違ってドバイに遠征しなかったことも強調材料だ。これまで馬券圏内を外したことがない大井コースならば信頼度はより増すのではないか。馬券の軸はこの馬から入りたい。

JRA帝王賞(G1)クリソベリル、ルヴァンスレーヴは消し! 上位人気だけでは決まらない!? 人気の盲点に流して「爆穴」ゲットの画像2

「〇」はチュウワウィザード(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)。昨年のJBCクラシック(G1)では◎の追撃をハナ差で凌いだように、能力的には遜色がない。今年の川崎記念は2着ヒカリオーソに6馬身差の大楽勝だった。昨年のチャンピオンズCは直線の勝負所で前が詰まる致命的な不利もあっての4着。

 昨年の帝王賞の2着馬でもあり、順当なら2頭の一騎打ちもありそうだ。今回は川田将雅騎手から天敵のC.ルメール騎手へ乗り替わるが、安定して先行できるタイプだけに大きなマイナスとはならないだろう。

JRA帝王賞(G1)クリソベリル、ルヴァンスレーヴは消し! 上位人気だけでは決まらない!? 人気の盲点に流して「爆穴」ゲットのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!