NEW

JRA・M.デムーロ「悪癖」の犠牲になった“隠れ”重馬場巧者!? 「雨予報」宝塚記念(G1)は「あの馬」の激走に要注意!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA・M.デムーロ「悪癖」の犠牲になった隠れ重馬場巧者!? 「雨予報」宝塚記念(G1)は「あの馬」の激走に要注意!の画像1

 グランプリといえば、このジョッキーを忘れてはいけない。「グランプリ男」の池添謙一騎手だ。

 有馬記念(G1)4勝に加え、この宝塚記念も3勝。通算7勝は、武豊騎手と並ぶ歴代最多勝利となる。ただ、4番人気以内でしか馬券に絡んだことがない武豊騎手と比較して、池添騎手は11番人気で勝利したスイープトウショウを始め、穴馬でも期待できる。同じ「グランプリ男」でも、狙いたいのはこちらだ。

 そんな池添騎手が騎乗するのは、充実著しいモズベッロ(牡4歳、栗東・森田直行厩舎)だ。

JRA・M.デムーロ「悪癖」の犠牲になった隠れ重馬場巧者!? 「雨予報」宝塚記念(G1)は「あの馬」の激走に要注意!の画像2

 今年1月の日経新春杯(G2)で重賞初制覇、続く日経賞(G2)でも2着したものの、前走の天皇賞・春(G1)で7着に惨敗したためか、『netkeiba.com』による事前オッズでは単勝万馬券となっている。

 G1馬8頭が顔を揃えた豪華メンバーの中では実績不足かもしれないが「だからこそ狙いどころ」という声もある。

「前々走の日経賞は2着でしたが、ゴール手前で勝ったミッキースワローに寄せられる不利。JRAがミッキースワローの降着を発表しなかったため、不利がなければ勝っていたとは言えませんが、鞍上の横山(典弘)騎手が騎乗停止処分を受けるほどのアクシデントでした。

また前走の天皇賞・春はスタートで後手を踏んでしまい、道中でも引っ掛かる不完全燃焼のレース。距離も長かったと思いますし、充実一途のモズベッロの力がG1で通用するか、本当の意味でわかるのは今回だと思いますよ。鞍上がグランプリ男の池添騎手なら狙ってみたいです」(競馬記者)

 ただ、問題は週末の雨予報だ。過去5年でも3年が稍重で開催されているように、梅雨時に行われる宝塚記念には「雨」が付き物。今年も荒れた馬場での開催は避けられない見込みだ。

 そうなると、どうしても重馬場で17着に大敗した昨年のセントライト記念(G2)に目が行ってしまう。宝塚記念と同じ2200mの重賞で、阪神内回りとコース形態が似ている中山なら十分に参考になるからだ。

 この結果を見て、モズベッロに「消し」の判断を下すファンも少なくないだろう。ほぼ何もできずに18頭中17着、勝ったリオンリオンから2.3秒も離されたレースは、それだけ酷い内容だった。

 しかし、その裏には「ある事情」があったようだ。

JRA・M.デムーロ「悪癖」の犠牲になった“隠れ”重馬場巧者!? 「雨予報」宝塚記念(G1)は「あの馬」の激走に要注意!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!