NEW

パチスロ『北斗の拳』シリーズに続く激アツ!? 元祖「萌えスロ」6号機で登場のウワサ

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ『北斗の拳』シリーズに続く激アツ!? 元祖「萌えスロ」6号機で登場のウワサの画像1

 新タナ波ヲ。サミーは6月22日、パチンコ新台『P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』の特設サイトを更新し、基本情報等を公開した。

 ライトミドルスペックの大本命ともいえる同タイトルは、基本的に初当り後の時短「100回転」中に再度大当りを引ければST「150回転」がスタートする、いわゆる突破型STタイプ。

 その継続率は約80%且つ電チュー大当り時は75%で1500or1050個の出玉を得られることから、ひとたびSTを射止められれば瞬時にして大量出玉を獲得できる。

 通常時は、低確率(時短含む)「599回転」消化で時短「100回転」の「遊タイム」に突入。他の遊タイム搭載機とは異なりほぼ大当りに繋がる回転数が付加されるわけではないが、これはこれで「新たな可能性を示した」と業界関係者も注目する。

 導入は8月3日予定とのこと。その前にはパチンコでお馴染みのシリーズをパチスロ化した6号機『パチスロ真・北斗無双』がデビュー予定であり、今夏はサミーの独壇場ともいえる状況であるが…。

 そんな中、またしても激アツな情報が飛び込んできた。同社が誇るオリジナルコンテンツ『ツインエンジェル』シリーズの最新パチスロが控えていると噂だ。

 初代『怪盗天使ツインエンジェル』は2006年、トリビーに手により誕生した。キャラクターデザインに古賀誠、声優に田村ゆかり、能登麻美子などの人気所を起用し、導入直後より一部ファンから熱狂的な支持を集めた。

 この人気を受け、ツインエンジェルは漫画及びOVA化。2009年にはサミーが「マイスロ」機能搭載の第2弾『怪盗天使ツインエンジェル2』を発売し、その後、5号機市場のみならず多メディアでの定番コンテンツまで成長したことは周知の通りである。

パチスロ『北斗の拳』シリーズに続く激アツ!? 元祖「萌えスロ」6号機で登場のウワサのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事