NEW

パチンコ「新時短システム」戦国時代へ突入!「超・激アマ」機が間もなく降臨!?

【この記事のキーワード】, , ,

パチンコ「新時短システム」戦国時代へ突入!「超・激アマ」機が間もなく降臨!?の画像1

 パチンコ界に革命を起こそうとしている「遊タイム」。この新機能は、規定回転数を消化すると発動する時短システムだ。

 パチスロの「天井」を例えに出されることも多いが、あくまでも時短であり大当りが約束されるわけではない。しかし「救済的なシステム」として、新たな可能性を示してくれそうな気配だ。気になるのはユーザーの反響だが…。

 遊技産業未来研究所が開催したウェブ視聴によるセミナー「第48回未来研究会オンライン」が、すでにデビューを果たしている2機種の稼働を紹介した旨が報じられ話題だ。「順調な滑り出し」と評価しているように、現状では上々の反響を得ていると言えるだろう。

 そんな遊タイムを搭載した新機種は、今後も続々と登場予定。「超・激アマ!?」と話題のアノ機種や「ライトミドルの覇権」を狙う人気コンテンツなど、スタンバイしている新台を特集したい。

『P仮面ライダー轟音』(京楽産業.)

 遊タイム搭載機の中でも特に注目度の高い本機。ミドルスペックとなっており、気になる遊タイムは低確率「950回転」消化で発動する。到達後は「時短1200回」が約束される仕様。その間に大当りを引き当てる確率は驚愕の「約98%」を誇る。

 ST継続率は約83%。右打ち時の1500発比率は80%と、そのポテンシャルは相当高い。早い段階より「激アマでは!?」と話題になっていたことも納得の仕上がりだ。「その旧(ふる)い時短で、戦うつもりか!?」と宣言する本機が、ホールの救世主となる可能性は十分にあるだろう。

『P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』(サミー)

 サミー製として登場する人気コンテンツ『エウレカ』が、「ライトミドルの覇権」を狙っている。本機は大当り確率約1/199.8のライトミドルスペックで、初当り時は基本的に3R(約450個)消化後に時短「100回転」に突入する仕様。ここで再度大当りを引ければST150回がスタートする。

パチンコ「新時短システム」戦国時代へ突入!「超・激アマ」機が間もなく降臨!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合