NEW

JRAサートゥルナーリアは3番手!? “馬場悪化”の宝塚記念(G1)は意外な「超絶穴馬」が“逃げて”レースを掻き回す!? 激アツ強力現場情報をもとに超高額配当を狙う!

【この記事のキーワード】

, ,

JRAサートゥルナーリアは3番手!? 馬場悪化の宝塚記念(G1)は意外な「超絶穴馬」が逃げてレースを掻き回す!? 激アツ強力現場情報をもとに超高額配当を狙う!の画像1

 28日、阪神競馬場で宝塚記念(G1)が開催される。ファン投票1位のアーモンドアイは回避となったが、G1馬8頭の豪華メンバーが集結。サートゥルナーリア、ラッキーライラックが人気の中心だが、抜けた存在とは言い難いはずだ。

 現在、宝塚記念は1番人気が5連敗中。梅雨時期の開催のため、馬場も荒れやすく波乱が起こりやすいレースだ。今回、「強力現場ネタ」から“荒れる”宝塚記念をハナビ杉崎が攻略する。


 まず「◎」はクロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 前走の大阪杯(G1)ではラッキーライラックとクビ差の2着。だが、勝ち馬は内枠を活かしてロスなく進んだのに対して、クロノジェネシスは大外枠からの発走で、内に潜り込めなかった分の差と捉えられる。前走が勝ちに等しい内容だった充実一途な4歳牝馬を本命に推す。

「この馬の売りは操縦性が高いことで、北村友一騎手も自信を持っています。京都記念の内容から渋った馬場も問題ありません。この中間は、落ち着きながらも気合が感じられますし、さらに気配は上がっている感じです。残念なのは今回も外枠ということです。1コーナーまでにいい位置を取りたいですね」(厩舎関係者)

 関係者から外枠を嫌う声が聞かれるが、クロノジェネシスが入った8枠は過去10年で7勝を挙げている絶好枠。宝塚記念開催週は内側の馬場が痛んでいるため、外枠有利の結果となっているのだ。

 また、悪天候を歓迎なのも魅力的。これまで、稍重、重の馬場状態で3戦3勝の成績を残している。秋華賞(G1)と京都記念(G2)を勝っていることからも、メンバー屈指の道悪巧者だろう。まさに今年の宝塚記念に持って来いの馬だ。

JRAサートゥルナーリアは3番手!? 馬場悪化の宝塚記念(G1)は意外な「超絶穴馬」が逃げてレースを掻き回す!? 激アツ強力現場情報をもとに超高額配当を狙う!の画像2

 次に「〇」はワグネリアン(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 神戸新聞杯(G2)以来、勝利から1年9か月遠ざかっているが、すべて掲示板に名を連ねる安定した走りをしている。前走の大阪杯は位置取りが響いての敗戦。同じ阪神コースで巻き返しに期待がかかる。

「前走はスローな流れの中、内の動けない位置取りになってしまったのが敗因です。勝負所でスムーズに加速できず、脚を余すような形になってしまい、ほとんど競馬をしていない不完全燃焼な内容でした。落ち着きの出た今なら1ハロンの距離延長がいいと陣営が判断しての宝塚記念出走です。ジャパンCで重馬場を好走していますし、いい枠を引いたのでロスなく運べば、おもしろい存在ですよ」(競馬記者)

 鞍上の福永祐一騎手は今年コントレイルでクラシック2冠達成するなど、G1での好騎乗が光る。春のG1締めくくりに、自身初のダービー制覇のパートナーを復活勝利へ導くことに期待したい。

JRAサートゥルナーリアは3番手!? “馬場悪化”の宝塚記念(G1)は意外な「超絶穴馬」が“逃げて”レースを掻き回す!? 激アツ強力現場情報をもとに超高額配当を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!