NEW

JRA持ったままでデビュー勝ちダノンザキッドは「ダノンプレミアム」の再来!? ダノックス待望の大物候補が早くも活躍を約束するデータに一致!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA持ったままでデビュー勝ちダノンザキッドは「ダノンプレミアム」の再来!? ダノックス待望の大物候補が早くも活躍を約束するデータに一致!の画像1 来年のクラシックに向けて楽しみな馬がデビュー勝ちを決めた。

 28日、日曜阪神の新馬戦を北村友一騎手の2番人気ダノンザキッド(牡2、栗東・安田隆行厩舎)が持ったままで、2着ワンダフルタウンに3馬身の差をつける大楽勝。1番人気に支持されたC.ルメール騎手のテンバガーは勝ち馬から5馬身離された3着に敗れ、モーリス産駒はまたしても新馬勝ちとはならなかった。

 ダノンザキッドの父はG1を3勝したジャスタウェイ、半兄にミッキーブリランテの良血は、2018年のセレクトセール当歳で1億800万円の高額で取引された。メインレースに宝塚記念(G1)が控える阪神競馬場でインパクトを残した。

 まさにダノンザキッドの独壇場といっていいレース内容だった。

 レースはダンツテリオスが逃げて、1000m通過が60秒8の平均よりやや速め。先行集団の5番手を追走したダノンザキッドは外目を楽な手応え追走。直線に入って追い出されると内へ寄れる若さは見せたが、そこからの脚色は出色。見る見る他馬を引き離して直線半ばでは早くも先頭に立つ。鞍上の北村友騎手が軽く促しただけで突き抜けた。

 レース後、北村友騎手は「強かったと思います。今日は流れに乗れて、手前を替えられる状況になり、ギアも上げられましたね」とコメント。北村友騎手によると、調教ではなかなか手前を替えなかったようだが、レースではうまく替えられたことも直線での爆発に繋がったようだ。

「先日の函館で新馬勝ちしたモンファボリも2着馬に5馬身差をつけるレコードと強い勝ち方でしたが、ダノンザキッドの勝ち方も大物感がありましたね。直線で寄れたように若さは見せましたが、粗削りながらも奥が深そうな走りでした。

今年は前評判の高かった新種牡馬のモーリス、ドゥラメンテが振るわず、今ひとつ盛り上がりを欠いていましたが、ようやくクラシックを沸かせてくれそうな馬が出てきましたね」(競馬記者)

 宝塚記念開催当日の新馬戦を勝った馬は19年レッドベルジュール、18年ブレイキングドーン、17年ダノンプレミアムと3年連続で重賞勝ち馬が出ているように、出世レースとなりつつある。芝1800m戦で行われた新馬戦の1分48秒3は、同じく稍重でデビュー勝ちしたダノンプレミアムの1分48秒7を0.4秒上回っており、非常に優秀な勝ち時計である。

 オーナーのダノックスは18年の阪神JF(G1)をダノンファンタジーで制して以降、G1レースでの連敗が続いている。それだけに大物感溢れるダノンザキッドの新馬勝ちに、G1連敗ストップの期待も大きく膨らみそうだ。

JRA持ったままでデビュー勝ちダノンザキッドは「ダノンプレミアム」の再来!? ダノックス待望の大物候補が早くも活躍を約束するデータに一致!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!