NEW

JRAサクラ軍団復活の狼煙!? ラジオNIKKEI賞(G3)堀宣行厩舎サクラトゥジュールの前走が秀逸!

【この記事のキーワード】

,

JRAサクラ軍団復活の狼煙!? ラジオNIKKEI賞(G3)堀宣行厩舎サクラトゥジュールの前走が秀逸!の画像1 春のクラシック戦線に乗れなった馬たちの秋へのステップ、ラジオNIKKEI賞(G3)が今週7月5日、福島競馬場で行われる。以前は、ここを勝ってもその後のキャリアに繋げていけない馬が多かったが、最近は優勝馬がその後重賞レースで活躍している。

 2016年産経大阪杯(G2)でキタサンブラックを破ったアンビシャス、2017年七夕賞(G3)を制覇したゼーヴィント、2019年日経賞(G2)を制覇したメイショウテッコンなど、このラジオNIKKEI賞を勝った馬が出世していくレースへと変わってきている。

 そのレースに「サクラ軍団」にとっては久々の逸材サクラトゥジュール(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が参戦してくる。

 サクラトゥジュールのオーナー・さくらコマースは、短距離のG1で活躍したサクラバクシンオーのオーナーとして有名だが、1970〜1990年代の重賞レースにサクラという冠名が付く馬を、多く送り出してきた名オーナーである。

 日本ダービーを勝ったサクラチヨノオー、皐月賞と菊花賞を勝ったサクラスターオー、天皇賞・春、有馬記念を勝ったサクラローレル、天皇賞・秋を勝ったサクラユタカオー、サクラチトセオー等、他にも重賞戦線を賑わせてきた馬を数多く所有してきた。

 しかし、2000年代に入ってからはG1馬を輩出しておらず、サクラメガワンダー、サクラアンプルールあたりが重賞勝ちを収めたくらいだ。

 このサクラトゥジュールは、これまで6戦して勝ち切れないレースが多いのだが、すべて3着以内に来ている。相手なりにレースをこなすセンスがあり、そのポテンシャルはかなり高い。

 その片鱗を見せたのが、前走の3歳1勝クラスのレースだ。

 東京芝1600mのレースだったが、スタートから勢い良く飛び出して3番手につけ、3コーナーでは2番手に押し上げる。その後は流れに乗り、直線を向くとあっさりと逃げ馬を交わして先頭へ。そのまま後続を突き放し2馬身1/2差の楽勝だった。

 まだ余裕があったサクラトゥジュールだったが、終わってみれば1分31秒7という絶好タイムで勝ってみせた。これは同条件で行われた今年のNHKマイルC(G1)の1分32秒5を大きく上回っている。

 前走後、サクラトゥジュールはすぐ短期放牧に出され、6月中旬に帰厩し、調整は順調だという。このラジオNIKKEI賞を勝って、サクラ軍団復活の激走を競馬関係者だけでなく、古くからの競馬ファンに届けたいところだ。

JRAサクラ軍団復活の狼煙!? ラジオNIKKEI賞(G3)堀宣行厩舎サクラトゥジュールの前走が秀逸!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!