NEW

JRA武豊も一目置く勝負強さ! 「G1の勝ち鞍が見合ってない」春G1波乱の立役者も思わず苦笑い。夏競馬でもアノ騎手から目を離すな!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊も一目置く勝負強さ! 「G1の勝ち鞍が見合ってない」春G1波乱の立役者も思わず苦笑い。夏競馬でもアノ騎手から目を離すな!の画像1

 春のグランプリ・宝塚記念は2番人気クロノジェネシスの圧勝に終わった。上位人気馬の優勝だったが、3連単は18万馬券と荒れる宝塚記念は今年も健在の結果だった。

 まず、2着となったのは6番人気のキセキ。近2走は長距離レースで不振が続いていたが、2200m戦で改めて存在感を示した結果だ。

 そして何より、馬券的な妙味を生み出したのが12番人気ながら3着のモズベッロ(牡4歳、栗東・森田直行厩舎)だろう。

 今年の日経新春杯(G2)で重賞初勝利を挙げたモズベッロ。続く、日経賞(G2)では直線で不利がありながらも2着とし、充実ぶりを見せた。3走目の天皇賞・春(G1)はスタートの出遅れ、長距離が堪えて7着に敗れた。

 好メンバーが揃った宝塚記念では、初G1となった前走の敗戦により評価を落としたが、得意の距離で実力発揮となった。最後の直線では1番人気サートゥルナーリアの猛追を振り切って、抜かせなかった勝負根性は評価に値する走りだ。

 レース後、池添謙一騎手は「勝負どころで離されたのが痛かったですが、外から来たらもうひと踏ん張りしてくれました。これからまだ良くなると思います」と、更なる成長に期待した。

 秋に向けてパートナーに好感触を掴んだ池添騎手。やはり宝塚記念でのモズベッロの激走を語る上で、「G1請負人」の手腕は大きく作用しただろう。

 宝塚記念3勝、有馬記念(G1)4勝でグランプリ7勝を誇る池添騎手は、大舞台での活躍に定評がある。2005年の宝塚記念は11番人気のスイープトウショウで優勝。また、勝ち星には数えられていないが、2014年の同レースでは9番人気カレンミロティックで2着、翌年も11番人気ショウナンパンドラで3着と穴を空けてきた。

 昨年のマイルCS(G1)では騎乗停止の福永祐一騎手に代わり、インディチャンプに騎乗し見事優勝に導いた。まさにG1請負人の仕事ぶりである。

 今年のG1レースでも、10番人気ヴェルトライゼンデで3着に入った日本ダービー(G1)も印象深い。その中でもグランアレグリアに騎乗し、アーモンドアイを破った安田記念(G1)がベストバウトだろう。

 3コーナーでキックバックを受けて右目を負傷してしまい、視界不良の中でのレースとなった。だが、早めに抜け出しを図ると、アーモンドアイの追撃を抑えて2馬身半差の勝利。レース後のインタビューで、右目を腫らしながら受け答えをしたシーンが印象的だ。

 そんな池添騎手について、レジェンド武豊騎手も一目置いている。

JRA武豊も一目置く勝負強さ! 「G1の勝ち鞍が見合ってない」春G1波乱の立役者も思わず苦笑い。夏競馬でもアノ騎手から目を離すな!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!