NEW

JRAサートゥルナーリアを“見間違え”? 宝塚記念(G1)競馬中継でまさかの“迷実況”にファンの開いた口が塞がらない……

【この記事のキーワード】

, ,

JRAサートゥルナーリアを見間違え? 宝塚記念(G1)競馬中継でまさかの迷実況にファンの開いた口が塞がらない……の画像1

 先週末に行われた春のグランプリ・宝塚記念(G1)はクロノジェネシスの優勝に幕を閉じた。2着には6番人気のキセキが入り、近走の不振からの復活を印象付けた。そして12番人気モズベッロが3着となったことで、3連単の配当は18万円を超える高額配当となった。

 また、1番人気に支持されたサートゥルナーリアは、最後の直線で追い込むも伸びきれず4着に敗れた。今回の宝塚記念ではクロノジェネシスの6馬身差をつける圧巻のパフォーマンスに、多くのファンが衝撃を受けたのではないだろうか。

 その一方、一部のファンの間で“衝撃”だと話題となっているのが、中継したフジテレビ系列の関西テレビ・吉原功兼アナウンサーの実況だ。

 レースがスタートすると先行争いの状況、向こう正面では各馬の名前を読み上げながらレースの隊列を実況。いつも通りの競馬中継の実況だった。

 だが、異変が起こったのが4コーナーに入ったところからだ。ラッキーライラックが逃げる馬を捉えて進出を開始、それに併せるように外からクロノジェネシス、キセキも上がっていった。

 その状況を「ここでラッキーライラック、一気に先頭に立つ。そして外からクロノジェネシス。この大阪杯の2頭です」と実況。クロノジェネシスの外から絶好の手応えで上がって来たキセキに全く触れないという内容だった。

 さらに直線でも、「外の方からサートゥルナーリア」と言った直後に、「おっとサートゥルナーリア中団に下がった。サートゥルナーリア、ピンチだ」と実況した。実際には、サートゥルナーリアは外から追い込んでいるところだった。

 その脚色が良かったわけではないため、クロノジェネシスとの差は広がる一方だったことをピンチと表現したのか、それとも同じ赤帽で徐々に後退していったトーセンスーリヤと間違えてしまったのか、どちらとも取れる不可解な実況だ。

 そして大勢が決したところで「2番手にキセキ」とようやく伝え、最後はクロノジェネシスの圧勝を称えてレース終了となった。

 この実況にネット上では「馬間違えた?」「キセキスルーした」「民放のレベルも下がった」「俺の方がうまい」など痛烈な意見が出た。

「吉原アナは2013年から競馬実況をしており、決して競馬素人というわけではありません。それだけに、サートゥルナーリアとトーセンスーリヤを間違えたと誤解されかねないような実況をしてしまったことは残念ですね。今はグリーンチャンネルが無料放送となっていますし、視聴者の目は厳しいはずです。次は同じようなことにならないでほしいものです」(競馬記者)

 今年の桜花賞(G1)を実況した吉原アナはレース後には、自身のTwitterを『桜花賞の実況を終えて』というテーマで更新。「ゴールの瞬間、デアリングタクトをより輝かせるための……杉本清さんなら恐らく言っていたはずの言葉、僕は言えてません」と回顧していることからも、実況に対する熱い想いを持っていることが伝わってくる。

 是非とも宝塚記念の“迷実況”を糧に、次の実況では競馬ファンに語り継がれるような名実況を残して欲しいものだ。

JRAサートゥルナーリアを“見間違え”? 宝塚記念(G1)競馬中継でまさかの“迷実況”にファンの開いた口が塞がらない……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!