NEW

【SG宮島グラチャン】いぶし銀・徳増秀樹が「悲願」の初V!『モンキーターン』“主人公”も飲まれたSG優勝戦1号艇に潜む「魔物」に打ち勝つ

【SG宮島グラチャン】いぶし銀・徳増秀樹が「涙」の初V!『モンキーターン』主人公も飲まれたSG優勝戦1号艇に潜む「魔物」に勝利の画像1
徳増秀樹選手、SGグランドチャンピオン公式HPより

 ボートレース宮島で行われた『SGグランドチャンピオン』は、45歳のいぶし銀、徳増秀樹(静岡)の優勝で幕を閉じた。危なげないイン逃げの横綱相撲だったが、その裏には初めて経験するSG・1号艇のプレッシャーという魔物との戦いがあった。

 徳増はレース後、「吐きそうな気持だった」「手が震えた」と本音を吐露した。これまでSG優出は9回あるが、1号艇での優出は10回目の今回が初めて。27年目のベテランをしても未経験の領域だった。

 優勝戦だけで売り上げは16億超。一本かぶりのオッズが表示された、出走待機室のモニターや対岸のオッズ板が、否が応でも目に入ってくる。5年ぶりのSG開催にこぎつけた宮島ボート関係者の苦労を思えば、万が一にもフライングはできない。

 一方で、ファンや選手の注目を一身に集めるSG優勝戦の1号艇で、負けることはプライドが許さない。経験した者でないと分からない「魔物」が、SGの1号艇には潜んでいる。

 過去にも、SG・1号艇の重圧に負けたシーンは数知れない。漫画『モンキーターン』(小学館)の主人公のモデルと言われる濱野谷憲吾は、2010年の賞金王決定戦(現ボートレースグランプリ)の優勝戦1号艇で、インからドカ遅れして6着に敗れた。

 現役最強の峰竜太も、2015年の蒲郡メモリアルで1号艇だったが、1周1M、2周1Mともに極度の緊張からターンマークを外して2着に敗退。「泣き虫王子」と呼ばれたのは有名な話だ。

 艇界のスーパースターたちも苦汁を飲まされてきたSG優勝戦1号艇の魔物。だが徳増は初の1号艇の重圧をはねのけ、見事にSGレースを初制覇してみせた。45歳6カ月でのSG初Vは歴代5位の年長優勝記録。

 かつて最年長の49歳11カ月で93年の戸田ダービーを制した「浪速のドン」長嶺豊さんに通じる、いぶし銀の男泣きだった。

 G1初優勝がデビュー17年目の浜名湖周年という遅咲き。コツコツと努力を重ね、自らの個性を磨き続け、攻めるレースでファンの心をつかんできた。SGの準優でコンマ03、優勝戦でコンマ05のトップスタートは、攻める徳増の真骨頂と言えるだろう。

 苦労人には運も向くもの。コース取りで動く選手はいない。3号艇は静岡県の後輩で、スタート的確な菊地孝平だ。菊地が、カドから強烈にまくってくる峰竜太の壁になる安心感、信頼感。完ぺきに仕上がった45号機。そして無観客レースも、1号艇のプレッシャーという点ではプラスに働いたのではないか。迷いないトップスタートに、1マークで舟が返り、差させず、まくらせずの完ぺきなターン……。

「取るべくして取った」と言える徳増のSG初タイトルだった。

 それにしても今回のグラチャンでは、無観客ながら目標の100億を大きく上回る146億5161万1900円を売り上げ、「リモート舟券」の威力を存分に見せつけた格好になった。

 当面はG2以上のレースと東京の3場(平和島、多摩川、江戸川)で無観客レースが続くが、今後の舟券発売のあり方を占う意味で、大きな一石を投じるSGとなったのは間違いない。

【SG宮島グラチャン】いぶし銀・徳増秀樹が「悲願」の初V!『モンキーターン』“主人公”も飲まれたSG優勝戦1号艇に潜む「魔物」に打ち勝つのページです。GJは、ボートレース・競輪、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!