NEW

パチンコ店員が震えた「超・緊急事態」とは…嵐の日に「空前絶後のトラブル」発生!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店員が震えた「超・緊急事態」とは…嵐の日に「空前絶後のトラブル」発生!?の画像1


「困ったときの店員頼み」。パチンコ店で遊戯中になんらかの理由で「呼び出しボタン」を押し、店員に対応してもらった経験は皆さんあるかと思います。

 お使いを頼みたい、遊技台のエラーを直してほしい、ドル箱を交換してほしいなど、様々な場面でホール店員が必要となりますが、「呼び出しボタン」を押してもなかなか対応してもらえずイライラしてしまうのはホールの「あるある」でしょう。

 特に、ドル箱が一杯になって下ろしてほしい時や、遊技台のトラブルなどの直ぐに対応してほしい場合は、「早く来いよ」と思う事もあるでしょう。

 私も、ホール店員時代にお客様を待たせてしまって「もっと早く来れないの?」なんてイライラした様子で言われてしまった事もございました。無論、お客様をお待たせしないように努めていましたが…。

 直ぐに対応できない「やむを得ない状況」もあるのです。

 一番多かった理由は「呼び出しボタン」を押しているお客様が複数いて、その対応に追われているケースです。この場合は基本的に呼び出された順番通りに対応します。

 ただ、すぐに対応が終わる用件ばかりなら問題ないのですが、遊技台の重大なトラブルが重なってしまうと相当な時間を要してしまうのです。その際は、大変申し訳ないですがお待ちいただかざるを得ない状況となってしまいます。

 そしてもう一つ、島の設備トラブルで玉やメダルが自動的に補給や回収ができなくなった場合です。トラブルが原因で大当り中に玉が払い出されない、サンドからメダルが貸し出されないなどの状況になってしまえば、困り果てたお客様で溢れかえってしまいます。

 必然的にお客様は「呼び出しボタン」を押してスタッフの対応を求めますが、設備トラブルを改善しない事には対応しようがないのでお待ちいただく事しかできません。

 例えば、パチンコ島の玉を循環させている「還元機」が故障してしまえば、パチンコとしての機能が完全に失われてしまいますし、復旧まで非常に時間が掛かります。スタッフ総出で修復や状況説明を行わなければならず、とても大変です。

 こちらの状況を汲んでくださるお客様は「大変だね。頑張って」などの温かいお言葉で励ましつつトラブル解消を待っていただけるのですが、中には待ちきれずにイライラして暴言を吐くお客様もいらっしゃいます。

パチンコ店員が震えた「超・緊急事態」とは…嵐の日に「空前絶後のトラブル」発生!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!