NEW

JRAノーザンファーム「異例のゴリ押し」が生んだ“実態なきバブル”!? 新種牡馬ドゥラメンテ「絶望的」裏事情で大暴落の危機……

JRA新種牡馬ドゥラメンテ「絶望的」真相。ノーザンファーム「異例のゴリ押し」が生んだ実態なきバブルで大暴落の危機……!?の画像1

 日本ダービー(G1)翌週から、来年のクラシックを見据える新馬戦が開幕して早1カ月。今年も様々な良血馬がデビューを果たしているが、最も話題となっているのは、期待の高かった新種牡馬モーリスの産駒が「未だ勝ち星なし」という実態だろう。

 これまで16頭がデビューして、18戦0勝……昨年ディープインパクトとキングカメハメハの2大巨頭を失ったノーザンファームが誇る「新時代の旗手」と期待される大物としては、やはり先行きに不安が残る結果と述べざるを得ない。

 しかし、関係者の間で、そんなモーリス以上に「お先真っ暗では……」と囁かれているのが、もう1頭の看板新種牡馬ドゥラメンテだ。

 新馬開幕2日目にアスコルターレが1番人気に応えてデビュー勝ちし、上々のスタートを切ったドゥラメンテ。しかし、その他の産駒は鳴かず飛ばず……結局ここまで11頭(計14戦)がデビューして、アスコルターレ以外は馬券圏内(3着以内)すらない状況である。

「モーリスとドゥラメンテは今年の新種牡馬の目玉的な存在で、ノーザンファームとしても今月13日、14日に控えるセレクトセールに向けて、少しでも産駒のアピールをしておきたい思惑があります。その結果、2頭合計27頭がデビューして、わずか1勝止まりとは……さすがに計算違いなのは間違いないでしょうね。

しかもモーリス産駒が勝ち星こそないものの【0.4.3.11】であることに対して、ドゥラメンテは【1.0.0.13】。前評判ではドゥラメンテの方こそアベレージタイプと言われていたのに、真逆の結果が出ています。この数字だけを見ても話題のモーリスより、むしろ“ヤバい”のはドゥラメンテの方でしょうね」(競馬記者)

 さらに記者曰く、ドゥラメンテが“ヤバい”状況に拍車を掛けているのは、ノーザンファームの超異例ともいえる「強気な姿勢」にあるという。

JRAノーザンファーム「異例のゴリ押し」が生んだ“実態なきバブル”!? 新種牡馬ドゥラメンテ「絶望的」裏事情で大暴落の危機……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!