NEW

JRA CBC賞(G3)アウィルアウェイ、レッドアンシェルは危険!? 阪神開催だからこそ人気馬に死角あり! 「爆穴」ゲットの期待は復調気配のアノ馬で

【この記事のキーワード】, ,

JRA CBC賞(G3)アウィルアウェイ、レッドアンシェルは危険!? 阪神開催だからこそ人気馬に死角あり! 「爆穴」ゲットの期待は復調気配のアノ馬での画像1

 5日、日曜阪神のメインレースはCBC賞(G3)。例年は夏の中京で行われるハンデ重賞だが、今年は京都競馬場の改修の関係で阪神開催に変更されている。前走で高松宮記念(G1)を使われた馬が好走する傾向があるが、中京から阪神へと替わることには大きな注意が必要だ。

 最近の週末は梅雨の時期ということもあり、雨が降ると途端に馬場状態が変化したのも目立つ。安田記念(G1)や宝塚記念(G1)も前日の土曜は内を通った「逃げ先行馬」が好走していたにもかかわらず、雨が降った日曜には内が荒れ、「外差し」が決まる馬場へと一変した。

 先週の宝塚記念は1着に△クロノジェネシス、◎キセキが2着に入ったお陰で何とか体裁は保てたが、「良馬場」に回復したタイミングを見計らって馬券を購入して絶望した馬場読みマイスター(仮)与田飛鳥が予想する。

 まず真っ先にチェックをしたのが関西地方の週末の天気予報だ。ただでさえ競馬の予想で大変なところに、この時期は天気の予想までしなければならないのは頭が痛い。とりあえずは今週末も「荒れ模様」となっているので、ここから組み立ててみたい。

 競馬ファンの頭には宝塚記念を外から追い上げて一気に突き抜けたクロノジェネシスのイメージがまだ根強く残っているだろう。だが、ここはあえて「逆張り」で前残りの展開を決め打ちする。

「◎」に抜擢したのはタイセイアベニール(牡5、栗東・西村真幸厩舎)。前走の鞍馬S(OP)に続いてコンビを組む松山弘平騎手は、今年の重賞勝ちでC.ルメール騎手と最多タイの7勝を挙げる大ブレイク。これは出走予定の他の騎手に比べて突出した数字だ。

 1着より2着が多かったように詰めの甘さがあった馬も、昨年11月の2勝クラスから鞍馬Sまで4戦して3勝と本格化を思わせる成長を見せている。安定して繰り出される鋭い末脚の安定感からも不発の可能性は低いだろう。絶好調の鞍上が勝利へ導いてくれそうだ。

JRA CBC賞(G3)アウィルアウェイ、レッドアンシェルは危険!? 阪神開催だからこそ人気馬に死角あり! 「爆穴」ゲットの期待は復調気配のアノ馬でのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  5. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  8. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?