NEW

JRA CBC賞(G3)アウィルアウェイ、レッドアンシェルは危険!? 阪神開催だからこそ人気馬に死角あり! 「爆穴」ゲットの期待は復調気配のアノ馬で

【この記事のキーワード】

, ,

「〇」にはグランドロワ(牡6、栗東・鈴木孝志厩舎)に期待する。この馬の魅力は何と言っても必ず逃げてくれることである。同馬以外に逃げ絶対といった馬が見当たらず、単騎逃げでマイペースに持ち込める公算だ。父ダイワメジャーは一瞬の切れこそないが、道悪適性は高く、いい脚を長く使えるタイプ。自分のレースさえできれば、そう簡単には止まらない。今年重賞3勝を挙げた和田竜二騎手がコンビを組むことも心強い材料となりそうだ。

「▲」はミッキースピリット(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)に期待する。高松宮記念をモズスーパーフレアで勝利した松若風馬騎手と音無厩舎のコンビが送り込む素質馬だ。現在3連勝中と勢いもある。持ち時計に不安があるように見えて、未勝利戦(阪神・芝1400m)を1分20秒8のレコードで勝利しているように、スピード競馬への適性はある。

JRA CBC賞(G3)アウィルアウェイ、レッドアンシェルは危険!? 阪神開催だからこそ人気馬に死角あり! 「爆穴」ゲットの期待は復調気配のアノ馬での画像2

「△」はクリノガウディー(牡4、栗東・藤沢則雄厩舎)とする。直線で斜行した高松宮記念を1位入線から4着と降着したが、現実に先頭でゴールしたのはこの馬。今回、実質G1馬扱いとなる「58キロ」のトップハンデを課されたことは気になる材料だが、敬意を表したい。ただ、同じく阪神開催の阪急杯(G3)でこれといった不利もない中で7着に敗れているのは気になる。あくまで「保険」の扱いまで。

JRA CBC賞(G3)アウィルアウェイ、レッドアンシェルは危険!? 阪神開催だからこそ人気馬に死角あり! 「爆穴」ゲットの期待は復調気配のアノ馬でのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!