NEW

凱旋門賞の前哨戦が早々と実現!? エクリプスS(G1)日本のディアドラがエネイブルと対決!

【この記事のキーワード】

, ,

凱旋門賞の前哨戦が早々と実現!? エクリプスS(G1)日本のディアドラがエネイブルと対決!の画像1

 日本時間で7月5日午後11時35分に発走となる英国のエクリプスS(G1)に、海外に拠点を移しているディアドラ(牝6歳、栗東・橋田満厩舎)が出走する。

 このレースには重賞11連勝、凱旋門賞2連覇を果たしたエネイブルも出走してくる。

 昨年凱旋門賞(G1)2着で、一度は引退を考えた陣営は、今年の凱旋門賞でリベンジすることを目標に現役続行を表明し、今年緒戦にエクリプスSを選んだのだ。

 対決するディアドラは、昨年春より欧州を主戦場としており、今年最大の目標をエネイブルと同じ凱旋門賞としているのだ。

「じつは、このエクリプスSに出走するのを決めたのも、凱旋門賞のコース形態に似ているからという理由だったとか。ディアドラで凱旋門賞を獲りに行くための対策であり、せっかくレースを使うのなら、凱旋門賞につながる使い方をしようという陣営の真剣さが伝わってきます」(競馬記者)

 今回の出走メンバーは、今年の凱旋門賞に出てくることが予想される馬たちばかりであり、ディアドラがどういった競馬をするのか、大変注目されている。

 ファンとしては前哨戦という見方ができるこの一戦に、強敵とはいえ、ディアドラがエネイブルたちに迫るシーンを見てみたいものだ。

「その可能性はあるかもしれません。昨年の秋、橋田満調教師が『東スポWeb』のG1愛チャンピオンSのインタビューで『(ディアドラの)筋肉の付き方が少し変わってきた。欧州の競馬に合う形になってきたように思う』と語っていました。

いまディアドラが完全に欧州仕様に変わったとしたら、このエクリプスSで一変した走りを見せてもおかしくはないでしょう」(競馬誌ライター)

 ディアドラは現在、英国のニューマーケットで坂路調教、ポリトラック調教を積んでおり、状態は良好だ。

 また、主戦のO.マーフィー騎手が1週前、最終と2週続けて追い切りに参加し「(ディアドラは)休養をしっかり取ったので疲れはありません。自信を持って臨めます」「6歳ですが、全く衰えを感じていません」とディアドラの調子の良さを日本のファンに伝えている。

 最大目標である凱旋門賞までまだ時間がある。エクリプスSでは、ディアドラが今の力でどこまでエネイブルらに立ち向かって行けるのか、大変楽しみだ。

凱旋門賞の前哨戦が早々と実現!? エクリプスS(G1)日本のディアドラがエネイブルと対決!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!