NEW

JRA D.レーン騎乗停止“強制”帰国で「来年」にも影響か!? ジャパンダートダービー(G1)大本命カフェファラオは……

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA D.レーン騎乗停止強制帰国で「来年」にも影響か!? ジャパンダートダービー(G1)大本命カフェファラオは……の画像1

 昨年の輝きを取り戻せないままの帰国となるのだろうか……。

 5日、福島競馬場で行われた7R(3歳未勝利)は、ここが初出走となった良血ディープインパクト産駒のトラストワージー(牝3歳、美浦・堀宣行厩舎)が既走馬を相手に優勝。一方、オルプランタンとハイランドヴィラの2頭が転倒する痛ましい事故があった。

 ランサムトラップが発走除外になったことで、15頭立てで行われた芝2000mのレース。3コーナーで中団にいたブラウローゼンが外側へ斜行したことで、後ろにいたハイランドヴィラと接触し、団野大成騎手が落馬。

 直後にいたオルプランタンも巻き込まれる形となり、西村淳也騎手も落馬する大きなアクシデントとなった。

「勝負所に差し掛かって、各馬がスパートし始める直後の事故でした。早めにスパートを開始していたハイランドヴィラと団野騎手でしたが、同じタイミングで外からレッドジャンヌに被せられたところ、前にいたブラウローゼンがコーナーの惰性でわずかに膨れたことで行き場を失う格好に……咄嗟のことだったので団野騎手も交わし切れなかったんだと思います。

しかも、その日のメインのラジオNIKKEI賞(G3)では、落馬負傷で内田博幸騎手に乗り替わりとなったバビットが5馬身の圧勝で重賞初制覇。まだ重賞を勝っていない団野騎手だけに、悔しさもひとしおでしょうね。

なお、落馬事故に巻き込まれる形になった西村騎手は、咄嗟に飛び降りるような形での落馬だったので、幸い軽傷で済んだようです。ただ、団野騎手の方は馬の下敷きになったようにも見えたので、容態が心配されますね(検査の結果、骨盤骨折とのこと)」(競馬記者)

 その一方でブラウローゼンに騎乗し、落馬事故の原因となってしまったのがD.レーン騎手だ。

JRA D.レーン騎乗停止“強制”帰国で「来年」にも影響か!? ジャパンダートダービー(G1)大本命カフェファラオは……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!