NEW

JRAミヤジコクオウが兄の「無念」を晴らす! ジャパンダートダービー(G1)カフェファラオに下剋上で世代トップ奪取なるか!?

【この記事のキーワード】

,

JRAミヤジコクオウが兄の「無念」を晴らす! ジャパンダートダービー(G1)カフェファラオに下剋上で世代トップ奪取なるか!? の画像1

 8日、大井競馬場でジャパンダートダービー(G1)が開催される。南関東クラシック三冠の最後のレースだが、交流重賞ということで過去10年ではJRA勢が8勝と圧倒的な結果を残している。

 昨年の勝ち馬クリソベリルは秋にはチャンピオンズC(G1)を制し、最優秀ダート馬に選出された。今年も帝王賞(G1)を制し、国内負けなしのダート王者だ。

 今年の出走メンバーでは3戦3勝のカフェファラオが圧倒的1番人気に支持されることが予想されるが、そこに待ったをかけるミヤジコクオウ(牡3歳、栗東・川村禎彦厩舎)に注目したい。

 これまで5戦3勝という成績のミヤジコクオウだが、負けたレースは悲観する内容ではない。新馬戦は上がり最速の末脚を繰り出すも、逃げたサンライズホープにクビ差届かずの2着。敗れたとはいえ3着以下には大差、勝ち馬のサンライズホープもユニコーンS(G3)に出走した実力馬だ。各馬の脚質が定まらない新馬戦特有のスローな流れが逃げた馬に味方したと考えられる。

 また、3着に敗れた伏竜S(OP)はスタートでつまずき、後方からの競馬となったことが敗因。それでも、上がり3ハロンの時計はメンバー最速を記録しており、十分に力を示している。

 そして最も評価できるのが、前走の鳳雛S(L)だろう。縦長の隊列の中、中団前目のポジションでレースを進めたミヤジコクオウ。3、4コーナーで徐々に進出を開始し、直線を向いたときには3番手まで押し上げた。残り100mで逃げ粘るダイメイコリーダをしっかり捉えて、最終的には3馬身差の圧勝を決めている。

 2着に下したダイメイコリーダは次走の鷹取特別(2勝クラス)で古馬相手に2着に健闘、また7着だったミステリオーソも次走の西脇特別(2勝クラス)でラインベックの2着に好走していることからも、レースレベルの高さが分かるだろう。

 さらにダート適性抜群の血統も心強い。半兄のエスポワールシチー(父ゴールドアリュール)は重賞12勝(うちG1・9勝)を挙げ、2009年、10年に最優秀ダート馬に輝いた名馬である。兄は3歳秋以降に本格化したためJDDに出走していないが、ミヤジコクオウはすでに実力十分。カフェファラオを倒して、ダートの世代トップに君臨することがあってもおかしくないはずだ。

JRAミヤジコクオウが兄の「無念」を晴らす! ジャパンダートダービー(G1)カフェファラオに下剋上で世代トップ奪取なるか!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!