NEW

JRAカフェファラオに並ぶ「鉄板級」軸馬発見! ジャパンダートダービー(G1)はJRA勢では決まらない!? 3連単「6点」で高配当を狙う!

JRAカフェファラオに並ぶ「鉄板級」軸馬発見! ジャパンダートダービー(G1)はJRA勢では決まらない!?  3連単「6点」で高配当を狙う!の画像1

 8日、大井競馬場でジャパンダートダービー(G1)が開催される。昨年はクリソベリル、一昨年はルヴァンスレーヴが制した出世レースだ。今年もJRA勢からは無敗の3連勝でユニコーンS(G3)を制したカフェファラオをはじめとした有力馬が出走する。それを迎え撃つ南関東勢からも目が離せない。

 過去10年で3連単が万馬券となったのはわずか4回と、堅い決着が多いレースである。今年も堅い決着となるのか、それとも……。ジャパンダートダービーをハナビ杉崎が攻略する。

 まず、「◎」はカフェファラオ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 3戦3勝でユニコーンSを勝っており、間違いなく世代屈指の実力馬だろう。新馬戦は逃げて10馬身差、ヒヤシンスS(L)はスタートで出遅れながらも、後方からの競馬で勝利した。そして前走のユニコーンSは、5馬身差の圧勝にレースレコードのおまけ付き。全く死角の見当たらない大本命だ。

 父アメリカンファラオは米3冠馬ということもあり、早くも米国挑戦を待望する声が多く挙がっている。そんなカフェファラオにとって、ジャパンダートダービーは通過点に過ぎないかもしれない。

 しいて、不安を挙げるとすれば、鞍上のD.レーン騎手だろう。昨年の好調とは打って変わって、今年は重賞での活躍が鳴りを潜めている。だが、カフェファラオの能力を考えれば、大した問題ではなさそうだ。

 次に、「〇」はエメリミット(牡3歳、船橋・林正人厩舎)だ。

 東京ダービー(S1)の勝ち馬で、大井2000m条件をすでに勝っている。これはメンバー唯一というのは心強い。

 最も注目すべきなのは、過去10年で地方所属馬が6回馬券に絡んでいることである。その6頭に共通するのが、前走、前々走に「東京ダービー、羽田盃、東京湾C」のいずれか2レースを使っていることだ。

 南関東3冠レースということを考えれば、当然かもしれない。だが、今年のメンバーではブラヴールが東京ダービーを競走除外になったため、この条件に該当するのはエメリミットだけなのだ。地方勢からはこの馬を対抗に推す。

JRAカフェファラオに並ぶ「鉄板級」軸馬発見! ジャパンダートダービー(G1)はJRA勢では決まらない!? 3連単「6点」で高配当を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!