NEW

JRAまるで川田将雅!? リーディング2位も「重賞不振」の名門厩舎、武豊と“必勝請負”2歳馬が「再起」のきっかけとなるか

【この記事のキーワード】

, , ,

JRAまるで川田将雅!? リーディング2位も「重賞不振」の名門厩舎、武豊と必勝請負2歳馬が「再起」のきっかけとなるかの画像1

 12日、阪神5R芝1800mの新馬戦で良血馬ヨーホーレイク(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)がデビューを予定している。

 全兄のカミノタサハラは弥生賞(G2)を制しており、同レースではキズナ、エピファネイアという後のG1馬を下した素質馬。母クロウキャニオンは現役時代わずか1勝に終わったが、繁殖牝馬としては大成功。これまでにJRAで11頭の産駒がデビューし、全馬が勝ち上がっているのだ。

 まさに“必勝請負血統”とも呼べる良血馬のヨーホーレイク。鞍上には武豊騎手を予定しており、2歳戦線を盛り上げることに期待がかかる。

 2日に武豊騎手を背に1週前追い切りを行い、栗東・CWコースで6ハロン81秒1、ラスト11秒7の好時計。これには鞍上も「良血馬らしくいい動き」と太鼓判を押した。

「500キロぐらいある大型馬ですが、柔らかさを感じるいい馬体です。ゲート試験も早くに合格しており、落ち着きがある2歳離れした馬と評判ですよ。ハズレのない血統的ですし、新馬戦では抜けた存在になるのではないでしょうか」(競馬記者)

 デビュー戦では多くの注目を集めることになりそうなヨーホーレイクだが、最も期待しているのは友道調教師ではないだろうか。

JRAまるで川田将雅!? リーディング2位も「重賞不振」の名門厩舎、武豊と“必勝請負”2歳馬が「再起」のきっかけとなるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!