NEW

パチンコ「ハマリ救済装置」が発動! 宵越し狙いなど「新たな可能性」が満載!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「ハマリ救済装置」が発動! 宵越し狙いなど「新たな可能性」が満載!?の画像1

 いよいよ「遊タイム」である。

 これまでにはなかったパチンコの新しい機能。その実態に触れる瞬間である。もちろん、期待度は高い。さて、その実力はいかに?

 まず、もう一度「遊タイム」とは何であるかを確認しよう。一言でいえばハマリ救済機能である。それぞれの機種によって規定された回転数に到達すると時短が発動し、これまた予め定められた回転を消化するまで時短が継続するのである。

 パチスロでおなじみの「天井」と決定的に違うのは、大当りが約束されるわけではないという部分。パチスロの天井は規定回数を消化すると必ず大当り(ボーナス)獲得となるが、「遊タイム」は時短が発動するだけである。

 とはいえ、「遊タイム」の突入回転数は大当り確率の分母の2.5倍から3倍であるし、時短回数は大当り確率の分母の3.8倍まで許されているので、例えば大当り確率が1/300であれば900回転ハマリから発動し、1140回の時短を付加できる。

 つまり、最大到達は2040回転となり、ここまで回せばかなりの確率で大当りを引き当てることができる。すなわち、限りなく大当りに近いものであるといえる。

 今回取り上げる遊タイム搭載マシンは『Pフィーバー真花月2 夜桜バージョン』である。新規則、新内規の第一弾といえば伝統的にSANKYOの機種。ここは当然、本機を選ぶべきであろう。

 さて、本機は大当り確率が1/199.8で、遊タイム発動回転数が500回(通常時)、遊タイム継続回数が759回転となっている。遊タイム突入時のモード内大当り見込みは約98%となっている。

 わずか500回転のハマリで759回転の遊タイム突入とは、今までのパチンコ機のスペックから比べるとかなり良心的な設計に見えるだろう。トータルで考えるとけして甘い機種ではないが、充分に遊べる印象である。

 さっそく実際に打つと、あっという間に確率分母、200回転まで到達した。ここまでまったく危なげなし。アツい演出は一切かからない盤石ぶりである。しかし、油断は禁物。こういう時こそ引き弱属性の本領発揮なのだが、引き弱だからこそ逆に遊タイム突入直前で大当りを引いてしまう「天井あるある」の危険も迫る。

パチンコ「ハマリ救済装置」が発動! 宵越し狙いなど「新たな可能性」が満載!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事