NEW

甘デジ「超連チャン」の限界に挑む!?「妥協を許さない」実力メーカー「渾身の新台」登場

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「超連チャン」の限界に挑む!?「妥協を許さない」実力メーカー「渾身の新台」登場の画像1

 甘デジの「進化」が止まらない。

 そもそも甘デジは「遊びやすさ」というのが大きな特徴であり、そのような遊技を好むユーザーから支持されていた印象だ。しかし、時代はCR機からP機へと移り変わり、「甘デジは大きな進化」を遂げた。

 それこそ、右打ち時の約40%で約1000発を獲得できる『ぱちんこ ウルトラセブン2 Light Version』や、ひとたび小当りRUSHに突入すればモリモリ出玉が増える『ぱちんこ 必殺仕事人 総出陣』など、出玉性能に優れた甘デジが続々と誕生した。

 ただ、その中でも特に目立った活躍をしているのは高継続のマシンだろう。優れた連チャン性と出玉性能が備わった事によって、「遊びやすさ」を好む甘デジユーザーのみならず、あらゆる層のファンから支持を得る結果となった。

 そして、2020年も高継続スペックの甘デジは抜群の存在感を発揮している。1月に導入された『PA新鬼武者 狂鬼乱舞』は時短回数による継続率変動型で、平均継続率は驚きの約90%。巷では10連20連などの爆連が多数報告され「甘デジ界の怪物」と称するユーザーまで現れたほど。

 そして今年2月に導入された『PAゴッドイーター 99ver』も忘れてはならない。「神速神撃×10カウントチャージ」という売り文句に恥じない凄まじい出玉スピードを実現。更に継続率約90%という度肝を抜かれるスペックでホールを熱狂の渦へ巻きこんだ。

 進化を続け高継続化していく甘デジ。今後どのようなスペックがホールを賑わせるのか、ユーザーからの期待は非常に大きいだろう。

 そんな甘デジに熱い視線が注がれている中、上記2機種に負けずとも劣らない連チャン性能を秘めた「甘デジに妥協を許さない」人気作がこの夏登場する!!

『Pおばけらんど怪』(西陣)

■初当り確率:1/99.90→1/24.89
■ST回数:55回
■時短:25回
■賞球玉数:1&2&6&5&7
■カウント玉数: 10個
■確変割合:ヘソ30%・電チュー100%
■払出個数: 3R約210個or5R約350個or10R約700個
○○〇

 西陣の人気シリーズ『おばけらんど』の最新作が甘デジで登場。オーソドックスなST機で初当り1/99.90の当選時に30%の振り分けを引くことができればST「絶叫RUSH」に突入だ。70%の通常を引いても25回の時短が付き、ここで引き戻すことができればSTへと突入する。

甘デジ「超連チャン」の限界に挑む!?「妥協を許さない」実力メーカー「渾身の新台」登場のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事