NEW

JRA七夕賞(G3)13番人気ラブカンプー指名「爆穴」予想家が今週も大波乱予告!? 上位人気「完全崩壊」狙いの「特注★」は……

【この記事のキーワード】, ,

「〇」はパッシングスルー(牝4、美浦・黒岩陽一厩舎)でどうか。

 今年の愛知杯(G3)を7着に敗れ、ダートを2戦したが、やはり芝でこその馬。紫苑S(G3)で2着に退けたフェアリーポルカは中山牝馬S(G3)、福島牝馬S(G3)を勝ち、3着カレンブーケドールは秋華賞(G1)、ジャパンC(G1)、京都記念(G2)で連続2着した実力馬である。

 ダートからの転戦だけに人気的にも盲点となる可能性も高い。「夏は牝馬」の格言もあるように絶好の狙い目だろう。骨折から復帰した戸崎圭太騎手も徐々に復調を見せており、頼もしい。

「▲」には同じく牝馬のリュヌルージュ(牝5、栗東・斉藤崇史‎厩舎)。

 斎藤厩舎は◎ヒンドゥタイムズと2頭出し。最軽量の52キロで出走できるのは何よりの魅力だ。福島牝馬Sこそ8着と精彩を欠いたが、中山牝馬Sを2着、マーメイドS(G3)で3着した実力は侮れない。

 今回は落馬負傷した団野大成騎手からM.デムーロ騎手への乗り替わりとなるが、元々コンビを組んでいただけに大きな割引とはならない。

「△」にはマイネルサーパス(牡4、美浦・高木登厩舎)を押さえておく。

 56キロで快勝した福島民報杯(L)とほぼ同じの56.5キロで出られるのが強み。鞍上の国分優作騎手とのコンビは2戦2勝とパーフェクト。福島との相性も【2.1.0.0】なら軽視はできない。

 昨年のラジオNIKKEI賞でも2着しているようにこの舞台は得意。良でも重でも安定して走れる晴雨兼用ぶりは天気に左右される心配も少ない。

JRA七夕賞(G3)13番人気ラブカンプー指名「爆穴」予想家が今週も大波乱予告!? 上位人気「完全崩壊」狙いの「特注★」は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由