NEW

パチスロの「新たなる進化」~1.5号機を経て2号機へ~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.09】

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロの「新たなる進化」~1.5号機を経て2号機へ~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.09】の画像1
 昭和60年の大々的な法改正によって誕生したパチスロ1号機。

 それまで都道府県ごとにバラバラだった規則を初めて統一し、保通協による型式試験を開始するなどいまに続く体制が整ったことで、パチンコ店へのパチスロの導入は一気に加速した。

 ところが、である。この新たな1号機は、様々な問題を抱えていた。

 まず、機械的な不具合。1号機になったのを機に参入してきた新規メーカーは技術レベルも成熟しておらず、プログラムや絵柄配列、リール制御に致命的なミスを抱えるマシンが少なくなかった。
 
 ある機種では、順押しでプレイすれば特に問題はなくても、逆押しで特定のテンパイ型を作れば左リールのチェリーを避ける制御でベルを自在に抜けた。

 またある機種では、「ボーナス成立後、カラ回しをすると前回と同位置で停止する」という特性を利用してチェリーを永久に取ることができた。

 そんな風に、様々な機種で様々な攻略法が、次から次へと発覚したのである。

 さらには、出玉性能に関わるプログラムに手を加える不正改造も横行した。

 ワンチャンスでの獲得枚数が0号機と比べて大幅に抑えられてしまったため、連チャン性能を高めるよう改造されるケースが後を絶たなかったのだ。

 これらの問題を解決するために、業界団体の日電協は昭和61年から翌62年にかけて主基板の改修と封印作業を敢行。パチスロは1.5号機へと生まれ変わった。

 そして改修作業が一段落した頃合いで、再びパチスロに関する規則が改正。昭和63年、新たな2号機が登場する。

パチスロの「新たなる進化」~1.5号機を経て2号機へ~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.09】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事