NEW

パチスロ新台『北斗』の「上位互換」!? 先行導入も「好評」スタート

 緊急事態宣言の解除から約2ヶ月が経過し、噂されていた注目の新台が続々とリリースされている。

 その中でも、特にユーザーを釘付けにしているマシンが『パチスロ ブラックラグーン4』だ。シリーズ通して大きな人気を獲得したキラーコンテンツである。

 既に東海・北陸・九州エリアでは導入されており、そのゲーム性を体験したプレイヤーも存在するようだ。

 そこで今回は本機をピックアップし、実際に遊技してきたファンからの実戦報告や感想をご紹介。

 それらを踏まえて我々編集部が独断と偏見で、本機の将来性をジャッジ。これから遊戯する方、気になっている方は是非参考にしていただきたい。

パチスロ新台『北斗』の「上位互換」!? 先行導入も「好評」スタートの画像1
スパイキーHPより

 本機は純増約9枚のハイスピードAT「ラグーンラッシュ」を搭載したマシン。AT突入のメイン契機はCZ「デスペラードバトル」だ。

 CZはバトル形式で、対戦相手を規定回数撃破すればAT当選。撃破率を上昇させる「トゥーハンドチャンス」も搭載している。

 CZ経由でAT当選すれば、G数上乗せ特化ゾーン「ヘブンズラッシュ」からスタート。ここで大量上乗せに成功すれば、有利区間完走も夢ではない。

 また、AT終了後は5Gの引き戻しゾーン「バラライカステージ」に移行。フリーズ発生で再度ATに復帰するため、最後まで気が抜けない。

 CZへの道筋は「ゲーム数」ではなく「レア役」での当選がメイン。最短1Gで当選させることも可能となっており、ゲーム性においても注目が集まっている。

パチスロ新台『北斗』の「上位互換」!? 先行導入も「好評」スタートのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事