NEW

JRAプロキオンS(G3)サンライズノヴァは自信の「消し」! 阪神開催と「超絶穴馬」が波乱を呼び起こす!? 激アツ強力現場情報をもとに3連単で高額配当を狙う!

JRAプロキオン(G3)サンライズノヴァは自信の「消し」! 阪神開催と「超絶穴馬」が波乱を呼び起こす!? 激アツ強力現場情報をもとに3連単で高額配当を狙う!の画像1

 12日、阪神競馬場でプロキオンS(G3)が開催される。例年、中京競馬場で行われるレースだが、今年は11月から始まる京都競馬場の改修工事の影響により阪神で行われる。

 昨年の勝ち馬アルクトスは左回りを得意としており、見事に3連勝で重賞初制覇を飾った。しかし、今年は阪神開催のため、このような過去の傾向は参考にならないという点は注意しておきたい。

 先週のラジオNIKKEI賞(G3)は「〇」パンサラッサが2着、「△」ディープキングが3着だったが、肝心の勝ち馬バビットが無印だった……。今回、「強力現場ネタ」からプロキオンSをハナビ杉崎が攻略する。

 まず、「◎」はサクセスエナジー(牡6歳、栗東・北出成人厩舎)だ。

 天王山S(OP)、栗東S(L)と現在2連勝中。今年の成績は【2,1,1,0】とすべて馬券圏内の安定した走りを見せている。父キンシャサノキセキが晩成だったため、6歳になったサクセスエナジーもいよいよ本格化か。

「年齢的にも急激に良くなったというわけではないですが、高いレベルで状態は安定しています。久しぶりに重賞を勝てるチャンスが回ってきましたね。持ち時計があるので、重馬場でも問題なさそうです。問題は揉まれた時やキックバックを受けた時ですが、メンバーを見る限り注意が必要なのは先手を取りそうなラプタスくらい。メンバー構成的にもチャンスありです」(厩舎関係者)

 前々走は59キロを背負い2番手からの競馬で勝利。前走は58キロでハナを切っての勝利だった。今回、斤量は軽くなり57キロで出走できるうえ、1、2番手の位置取りとなりそうなのは好条件間違いなし。軸馬に持って来いの1頭だ。

次に、「〇」はラプタス(セン4歳、栗東・松永昌博厩舎)だ。

 ダートの連勝記録は3走前のバレンタインS(OP)で途絶えてしまったが、その後は交流重賞を2連勝と勢いは衰えていない。初のJRA重賞挑戦となるが、あっさり勝ってもおかしくないだろう。

「8着に敗れたバレンタインSは発馬で躓いたことがすべてでした。今回も、ハナを切ることになると思います。母系は気性的に難しいところがあるので、変に抑えないほうがいいタイプです。今は無観客開催なので、イレ込みやすさも問題ありません。ひとつだけ不安を挙げるとすれば、豪雨の影響で坂路追いを直前で芝コースに変えたことがどれだけ影響するかぐらいですかね」(厩舎関係者)

 ダート転向後は7戦6勝。ダート唯一の黒星も敗因がはっきりしており、まだ底を見せていない。それだけに抑えておきたい存在である。

JRAプロキオンS(G3)サンライズノヴァは自信の「消し」! 阪神開催と「超絶穴馬」が波乱を呼び起こす!? 激アツ強力現場情報をもとに3連単で高額配当を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?