NEW

JRA「白毛のアイドル」後継者ソダシが函館で圧勝デビュー! 金子真人オーナーの秘蔵っ子は母の無念を晴らせるか

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA「白毛のアイドル」後継者ソダシが函館で圧勝デビュー! 金子真人オーナーの秘蔵っ子は母の無念を晴らせるかの画像1

 12日、日曜函館5Rの新馬戦(芝1800メートル)は、吉田隼人騎手の3番人気ソダシ(牝2、栗東・須貝尚介厩舎)が2着ギャラントウォリアに2馬身半の差をつけて快勝。3着1番人気ロジモーリスが入った。

 7頭立てと少頭数で行われた新馬戦だったが、ソダシの強さばかりが際立った。少し立ち上がる感じのスタートも、スッと逃げ馬の直後につけると抑え切れない手応えで追走。直線に入り、先頭に立つと力強く抜け出した。

 デビュー戦でコンビを組んだ吉田隼騎手も素質を評価していただけに、楽勝にも驚きはなかったようだ。「自信がありました。今日は能力通り」と順当勝ちを思わせるコメント。管理している須貝尚介調教師は「ホッとしました」と、まずは及第点を与えた。

JRA「白毛のアイドル」後継者ソダシが函館で圧勝デビュー! 金子真人オーナーの秘蔵っ子は母の無念を晴らせるかの画像2

 母ブチコはあのアイドル白毛馬・シラユキヒメの娘にあたる。サンデーサイレンス産駒の白毛馬として話題を集めた、父が青鹿毛のサンデーサイレンスと鹿毛の母ウェイブウインドから突然変異で誕生した白毛である。そのため、弟妹でも白毛はシラユキヒメのみである。

 シラユキヒメ自身は9戦して未勝利のまま引退して繁殖入り。3番仔のユキチャンが白毛馬による史上初の芝競走の勝利をあげた。ユキチャンが関東オークス(G2)出走時に父クロフネの主戦だった武豊を迎えた際には大きな注目を集め、そのあまりの人気に「ユキチャン単勝専用窓口」も用意されたほどだった。レースも見事に勝利すると同時に白毛馬による重賞初制覇を遂げた。

 アイドル馬ユキチャンを姉に持つ“白毛で斑模様”のブチコは、デビュー前から「柔らかさはきょうだいで一番」と高い素質を評価されていた。担当の厩務員が毎回どこかにブチ模様の衣装を身につけるという話題性もあって、デビュー戦からファンの人気を集めた。1000万下で大差勝ちするなど期待に違わぬ走りを見せたブチコだったが、課題とされたゲートの悪さがネックとなって引退を余儀なくされた。

「この系統の馬には金子オーナーがマシュマロやシロニイなど、トレードマークの”白”に関係する個性的な馬名をつけられているのも特徴です。

ソダシも将来的にはダートでよさそうな血統ですが、スピードもありましたし、芝でもいいところまでいけるかもしれません」(競馬記者)

 頭数は少なかったとはいえ、負かした相手も弱くはない。1番人気ロジモーリスはその名の通りモーリス産駒、2番人気ギャラントウォリアは桜花賞馬マルセリーナの半弟でスクリーンヒーロー産駒と評判馬だった。

 陣営によるとこの後は放牧に出して、次走はオーナーに相談して検討する様子。ブチ模様で話題を呼んだブチコの初仔だけに、今後も大きな注目を集めそうだ。

JRA「白毛のアイドル」後継者ソダシが函館で圧勝デビュー! 金子真人オーナーの秘蔵っ子は母の無念を晴らせるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!