NEW

新垣結衣「ピーク終了」の危機か… 視聴率低迷で「高額CMギャラ」にも影響? 新ドラマでの再起に期待

【この記事のキーワード】

,

新垣結衣「ピーク終了」の危機か… 視聴率低迷で「高額CMギャラ」にも影響?新ドラマでの再起に期待の画像1

 2016年10月期に放送された、新垣結衣主演の連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。

 彼女がいたことがないシステムエンジニア・津崎平匡(星野源)と、真面目で頑張り屋の森山みくり(新垣)との“契約結婚”を描いた同ドラマは、エンディング曲『恋』に合わせた“恋ダンス”がブームを呼ぶなど、日本中で社会現象を巻き起こした。

 その特別編が5月からスタートし、7月5日に最終回を迎えたが、再放送でも多くの反響を呼ぶことに成功。ネット上では「相変わらずおもしろいな!」「何回見ても素晴らしい作品!」と称賛の声が相次いだ。

「アニメやドラマのオマージュをふんだんに盛り込むことで、妄想癖のあるみくり(新垣)のキャラクターを鮮やかに描き、新垣のコメディエンヌぶりも目立った『逃げ恥』。16年の初回放送時は全話平均視聴率14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、新垣のさらなる“出世”に期待するファンも多かったですが……。

『逃げ恥』と同じ脚本家・野木亜紀子氏とタッグを組んだ18年10月期放送の主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)は、全話平均視聴率8.7%(同)と大失速。それ以降、新垣の仕事はCM出演がメインとなったため、『本人だけではなく事務所も、「逃げ恥」がピークだと認めたのでは?』といった指摘が目立つようになりました」(芸能関係者)

 そうしたなか、8月から放送予定の日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)で、約2年ぶりとなる連ドラへの出演が決定した新垣。しかし、クレジット的には“脇役扱い”ということもあり、それに対しても不安の声が寄せられているようだ。

「新垣の人気は『逃げ恥』特別版の反響を見れば一目瞭然。その存在感はいまだに健在だと感じられますが、『獣になれない私たち』の視聴率が低すぎたため、事務所側も慎重になっているのかもしれません。

仮に2作品連続で数字が取れないとなれば、女優としての商品価値は下がり、CMのギャラにまで悪影響を及ぼす可能性も否定できない。ブランド力を死守するため、いったん脇役で様子を見て、その評価次第で“次なる一手”を打つのではないでしょうか」(同)

 今回の再放送で、『逃げ恥』の続編を求める声がさらに高まった新垣。果たして、その願いが叶う日は訪れるのだろうか……。

新垣結衣「ピーク終了」の危機か… 視聴率低迷で「高額CMギャラ」にも影響? 新ドラマでの再起に期待のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!