NEW

甘デジ「激熱モンスター」も話題…「最高級の一撃」復活を予想する声も浮上

【この記事のキーワード】

, , ,

甘デジ「激熱モンスター」も話題…「最高級の一撃」復活を予想する声も浮上の画像1

 2020年の下半期も続々と新台が発表されているパチンコ。その中で目立つのは、反響を得た機種の「甘デジスペック」だ。

 最も注目を集めているのは、新機能「遊タイム」搭載マシン。2020年も抜群の存在感を放つ京楽産業.は、驚異の出玉スピードでユーザーを熱狂させた『新・必殺仕置人』の甘デジスペックを発表した。

 通常状態「280回転消化」で、その後は「379回」の時短へ突入する仕様。遊びやすくも安心感も備わっている仕上がりだ。継続率は約80%、50%で10Rの出玉が獲得できるSTも魅力的。「甘デジ+秒殺V-ST」と宣言する本機への期待は高まる。

 近年のパチンコ分野を牽引するSANKYOは、『PフィーバーアクエリオンALL STARS』の兄弟機という位置づけの甘デジスペックを導入予定。こちらも遊タイムがポイントとなりそうだが、スペックを好評価する関係者は多く早くも熱視線を浴びている。

 注目度では「一撃3万発も余裕!?」という声も上がったDaiichiの「爆裂機」も負けてはいない。甘デジスペック『Pひぐらしのなく頃に~憩~』は、大当り確率1/119.81の1種2種混合&転落小当りタイプだ。

 初当り時の大半は3R消化後に時短1回+残り保留4個の「真・身隠しモード」となる。ここで当りを引ければ、時短99回+残り保留4個「縁結びRUSH」へ突入だ。

 時短右打ち時の大当りは10Rが選ばれやすく、さらに全て時短99回+残り保留4個が選ばれる仕様。確率1/20.2の転落小当りを引かない限り、出玉を増やし続けることが可能となっている。

 人気を博したゲーム性はそのままに「遊びやすくも爆発力」を秘めた仕上がり。甘デジ分野でも、強烈な出玉獲得報告が浮上しそうな気配だ。導入後の反響に注目したいが…。

Pひぐらしのなく頃に~憩~』が話題のDaiichiといえば、今後のラインナップも大きな注目を集めている。

 候補として同社を代表する「爆裂王」や、過去作は「現行機で最高のスペック」との評価を得た「人気シリーズ」の名前をあげる関係者は多いが…。

甘デジ「激熱モンスター」も話題…「最高級の一撃」復活を予想する声も浮上のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事