NEW

JRA「牝馬のユーイチ2世」襲名へ!? 中京記念(G3)代打・北村友一がギルデッドミラー“強奪”狙う

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「牝馬のユーイチ2世」襲名へ!? 中京記念(G3)代打・北村友一がギルデッドミラー強奪狙うの画像1

 19日、阪神競馬場では夏のハンデ重賞、中京記念(G3)が開催される。秋のマイル路線に向けて飛躍を期する1頭がギルデッドミラー(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)だ。

 前走のNHKマイルC(G1)は単勝オッズ19.0倍(6番人気)の伏兵扱いだったが、前残りの馬場と展開のなか、中団から直線馬群を縫って伸び、3着に好走した。51kgの軽量で出走できるここは、3歳牝馬ながら上位人気が予想されている。

 鞍上にはテン乗りの北村友一騎手が指名された。主戦の福永祐一騎手が斤量51kg以下で騎乗できないため、あくまでも代打という位置づけだ。ただし、代打騎乗に定評がある北村騎手だけに不安視する必要はないだろう。

「この春、同じ3歳牝馬のレシステンシアを降ろされた北村騎手にとって、絶好のチャンスが回ってきたといえます。(レシステンシアが出走し、3着に敗れた)チューリップ賞の頃は、北村騎手も勝ち鞍が伸びず、苦しんでいた時期です。気温の上昇とともに、今は調子も上がっていますからね。しっかり結果を出して、陣営にアピールしておきたいところでしょう。本人にも今後のマイル重賞路線を歩める有力馬を確保しておきたい気持ちはあるはずです。

陣営は明言こそしていませんが、ギルデッドミラーは2000mの秋華賞(G1)を見送って、マイル路線、すなわちマイルCS(G1)を見据えている可能性があると思います。そのためには51kgで騎乗できるここは負けられませんからね」(競馬誌ライター)

 もし、ギルデッドミラーがマイル路線となれば、福永騎手にはマイルCS連覇を狙うインディチャンプというお手馬がいる。そのため、北村騎手が結果を出せば、当然、秋に向けて継続騎乗の可能性は高まるだろう。

「福永騎手と北村騎手は名前が同じ『ユーイチ』ということで何かと比較されがちです。しかし名前以外にも『牝馬に強い』という共通点があります。福永騎手に関しては『昔は』と言った方がいいかもしれませんが、北村騎手は牝馬での活躍が目立ちますね。今後の活躍次第では『牝馬のユーイチ』と呼ばれるかもしれませんよ」(同)

 北村騎手といえば、昨年3月の大阪杯をアルアインで制し、自身初のG1タイトルを獲得したが、その後のG1・3勝はいずれも牝馬とのコンビで遂げたもの。クロノジェネシスとのコンビで昨年の秋華賞(G1)と今年の宝塚記念(G1)を、昨年12月にはレシステンシアで阪神JF(G1)を制覇。重賞全体でも23勝のうち、10勝を牝馬とのコンビで挙げている。

 かつて牝馬クラシック路線で圧倒的な成績を収め、「牝馬のユーイチ」といわれた福永騎手。10歳年下の北村騎手は今回の代打騎乗を機に、ギルデッドミラー主戦の座を“奪い取り”、混戦ムードのマイル路線に殴り込みをかけたいところだ。

JRA「牝馬のユーイチ2世」襲名へ!? 中京記念(G3)代打・北村友一がギルデッドミラー“強奪”狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!