NEW

JRA森秀行厩舎、ケンタッキーダービーに“翻弄”された期待馬が骨折。ジャパンダートダービー出走が裏目に!?

JRA森秀行厩舎、ケンタッキーダービーに翻弄された期待馬が骨折。ジャパンダートダービー出走が裏目に!?の画像1

 8日に行われたジャパンダートダービー(G1、以下JDD)で12着のフルフラット(牡3歳、栗東・森秀行厩舎)がレース後に膝を骨折していたことが明らかになった。全治は未定となっており、秋に予定していたアメリカ遠征は中止となる。

 デビュー2戦目の芝1200mの未勝利戦で勝ち上がったフルフラット。昨年11月には初の海外遠征で、アメリカのBCジュベナイル(G1)に出走した。初めてのダートレースだったが、5着に好走したことでダート適性が見いだされ、主戦場をダートに移した。

 3歳初戦の1勝クラスは2着に敗れたが、次走は今年新設されたサンバサウジダービーを勝利。日本調教馬によるサウジアラビアでの初勝利を飾った。海外遠征に長けた森調教師は「UEAダービー(G2)の2着までで、ケンタッキーダービー(G1)に行けるから」と話し、米クラシック競走への出走を見据えて、ドバイへの転戦を明言。だが、ドバイの開催は中止となり、日本へ帰国することになった。

 ドバイでの出走が叶わなかったフルフラットだが、当初は5月に開催予定のケンタッキーダービーが9月に延期されたことで、再度国内で調整してアメリカ遠征のチャンスが浮上した。

 だが、帰国初戦のユニコーンS(G3)は6着、続くJDDは12着に敗れてしまった。そして骨折が判明し、ケンタッキーダービーへの挑戦は完全に断たれることになった。

「もともとフルフラットはJDDで距離不安が囁かれていました。スペイツタウン産駒は短距離に好走傾向がありますし、サウジでの勝ち方もなんとか凌いだという感じなので、マイルまでという印象があります。実際に、同産駒ではマテラスカイ、モズスーパーフレアなど短距離で活躍している馬が多いですから。

それでも中1週のローテーションでJDDに出走したのは、ケンタッキーダービー挑戦のために思われます。ケンタッキーダービーは2000mで行われるため、試金石の一戦として挑戦したのではないでしょうか。

また、フルフラットはサンバサウジダービーの勝ち馬ですが、同レースはグレード競走でないため、ケンタッキーダービーに出走するための評価対象としては微妙なところです。そのため、優先出走権が獲得できる『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』の対象レースであるユニコーンSに出走するも6着に敗れたため、JDDにも出走したのではないでしょうか」(競馬記者)

 これまでに日本馬のケンタッキーダービー挑戦は3例ある。1995年のスキーキャプテンが14着、2016年のラニが9着、2019年のマスターフェンサーが6着と結果は尻上がりだが、勝ち負けに加わるには至っていない。それだけに、日本馬にとっての悲願であり、今後も挑戦は続いていくだろう。

 ケンタッキーダービーに“翻弄”されて、結果的には骨折により断念となったフルフラット。米クラシック競走への挑戦は不可能となったが、いつかまた米国遠征を叶える日が来ることを願いたい。

JRA森秀行厩舎、ケンタッキーダービーに“翻弄”された期待馬が骨折。ジャパンダートダービー出走が裏目に!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  6. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  9. JRAソーヴァリアント圧勝で、有馬記念(G1)「あの曲者」が急浮上!? エフフォーリア、タイトルホルダーの影に隠れた「第3の刺客」とは
  10. JRA【阪神JF(G1)展望】武豊×幸四郎「兄弟タッグ」でG1初挑戦、「3戦3勝」ウォーターナビレラを止めるのはM.デムーロかC.ルメールか!?