NEW

パチンコ店「超強烈なバグ」発生!? 「強制ブラックアウト」する『ハーデス』に驚愕!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店「超強烈なバグ」発生!? 「強制ブラックアウト」する『ハーデス』に驚愕!!の画像1


 みなさんは、パチンコ・パチスロを打っていて「バグ」に遭遇した事はあるでしょうか。

 ほとんどの方が「バグ」とは無縁で問題なく遊技できていると思いますし、「そんなのあるの?」と疑問に思う人も中にはいるでしょう。

 結論から言いますと遊技機の「バグ」は存在します。様々な基板や配線によって構成される精密機械ですので、非常に稀ですが通常とは異なる挙動を示す台が存在するのは事実なのです。

 無論、遊技台は1台で数十万円もする高価なものですので、メーカー側も不具合がないように万全な体制で生産しております。しかし、過去には打ち手に不利となる「バグ」が発生してしまう機種がホールで稼働してしまって、メーカー側が「自主回収」するという事例もありました。

 かなり昔には、遊技台の「バグ」を利用して直前に引いた小役を次ゲームで意図的に発生させる「コピー打法」など、打ち手に有利となるバグもございましたが、今はメーカーの頑張りによってほとんど「バグ」は発生しなくなりました。

「それなら安心だ」と思われるかもしれませんが、ホールでは“ある理由”によって、避けては通れない「バグ」が発生してしまう事があるのです。

 それは、遊技台の「経年劣化」に他なりません。

 以前のコラムでもご説明しましたが、遊技台はホール側が認定の手続きをした場合、最長で6年間稼働させることが可能です。ただ、精密機械が6年間も稼働すれば、「ガタ」がきてしまうのは無理もありません。

 パチンコであれば、玉を飛ばす発射装置の調子が悪くなって玉飛びが安定しなくなったり、演出用のチャンスボタンが反応しなくなったりします。パチスロであれば、レバーやストップボタンの反応が悪くなる事もございます。

 ただ、これらは「バグ」ではありませんので、台のメンテナンスや清掃を行うことによって改善する事もあります。問題なのは「基板」に不具合が生じた時です…。

パチンコ店「超強烈なバグ」発生!? 「強制ブラックアウト」する『ハーデス』に驚愕!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事