NEW

JRA函館2歳S(G3)カイザーノヴァ親子同一重賞制覇へ! 矢作芳人厩舎が得意にしている「連闘」の「秘訣」とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA函館2歳S(G3)カイザーノヴァ親子同一重賞制覇へ! 矢作芳人厩舎が得意にしている「連闘」の「秘訣」とは の画像1

「連闘は、僕が一番得意なローテーションなので何も心配していません」

 2018年6月の安田記念(G1)の共同会見。モズアスコットの連闘策について、矢作芳人調教師は、そう答えていた。

 その後、見事に安田記念制覇を果たしたモズアスコット。連闘策でマイル王に導いた矢作調教師は「連闘したからこそ勝てたと思います。うちのスタッフの優秀さが証明されて嬉しい」と語っている。

 そんな矢作調教師が、今週18日に函館競馬場で行なわれる函館2歳S(G3)に、先週新馬勝ちしたばかりのカイザーノヴァ(牡2歳)を“連闘”で重賞レースに出走させてくる。

 新馬戦は、スタートから行き脚がつかず後方から追走すると、4コーナーで他馬と馬体が接触し不利を招いてしまう。だが、カイザーノヴァは怯むことなく最後スイッチが入ると、グンッと伸びて完勝した。

 1分10秒2という好タイム。勝ちっぷりは良く、まだまだ余裕があった。

 その勢いのままカイザーノヴァは重賞に挑戦してきたのだが、やはりファンは、いくら自信があるからとはいえ、2歳馬の連闘に不安を感じずにはいられないだろう。

 だが、矢作調教師は無理に馬を使わない慎重派であり、若い頃は体質が弱かったモズアスコットを、3歳の6月までデビューさせなかった。馬体だけでなく精神的なケアも施す厩舎力で、わざわざ連闘を仕掛けるのだから、使えるレベルになければレースには使わないだろう。

「新馬勝ちしてモーリス産駒初勝利を達成したカイザーノヴァは、母のステラリードが函館2歳S覇者のため、今回親子制覇が懸かっています。

オーナーである広尾レースは2週連続重賞連対中で波に乗っており、カイザーノヴァも良い流れに乗って、大きな仕事をやってくれそうな雰囲気がありますね」(競馬記者)

 今回2歳戦でも矢作厩舎得意の連闘策が炸裂するのか、函館2歳Sが楽しみだ。

JRA函館2歳S(G3)カイザーノヴァ親子同一重賞制覇へ! 矢作芳人厩舎が得意にしている「連闘」の「秘訣」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!