NEW

JRA 『カナリキケン』な良血牝馬がデビュー? 『カンジンカナメ』の走りも期待できる!?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 『カナリキケン』な良血牝馬がデビュー? 『カンジンカナメ』の走りも期待できる!?の画像1

 クラシックを見据える素質馬たちが続々とデビューを飾っている。軽やかな走りでライバルたちに圧勝し、話題になる馬も多いが、その一方でオーナーから珍しい名前をつけられたため、注目を集める馬もいる。

 その代表格が、『シゲル』の冠名に「動物」、「宝石」などをテーマにした馬名がつけられることでお馴染みの森中蕃オーナーの所有馬だ。今年は『シゲルテンチョウ』がデビュー。ほかにも『シゲルカイチョウ』『シゲルシャチョウ』『シゲルジチョウ』などがおり、”肩書”を由来に持つ馬が続々と登場する予定となっている。

「オトナノジジョウ」「チャラオ」「カイアワセ」などを所有していることで知られる内田玄祥オーナーも“いい意味で変わらない”。すでに「キミョウキテレツ」がデビューを果たし、「イロエンピツ」もスタンバイ。母方の祖母がピアニスト、母馬クラウンザショパン、そして自身は作曲家フレデリック・ショパンの生家がある村を名前由来に持つ「ジェラゾヴァヴォラ」とシャレの利いた馬もデビューを待ちわびている。

 そして今週末にも“珍馬名”好きが注目する1頭がデビューしそうだ。それが19日福島5R・新馬戦に出走予定のカナリキケン(牝2、美浦・竹内正洋厩舎)だ。

 カナリキケンは父ジャスタウェイ、母ブリリアントレイ、母父キングカメハメハ、母母はブラダマンテ。母方の伯母に3冠牝馬スティルインラブがいる。兄弟馬はダートを主戦場にしているが、同馬はまず芝で試されるようだ。

「『カナリキケン』のオーナーは由井健太郎氏。ほかにも『カナシバリ』『カナワン』など、『カナ』の冠名始まる牝馬や、自身の名字である『ユイ』の冠名を持つ馬を所有しているようです。以前は牝馬名に『アツコ』『ベッキー』『ミサコ』などの女性名をつけていました。

2018年産まれの所有馬では『ユイノチャッキー』が3戦目で初勝利を挙げ、『ユイノストレート』『ユイノタンキマチ』がデビューを待っています。また今年、『カナ』の冠名を持つ馬は『カナリキケン』のほかに『カンジンカナメ』がいますね。『ジョセイカツヤク』なんて変わり種もいるようです。」(競馬誌ライター)

 カナリキケンの鞍上は吉田豊騎手が務める予定だという。珍馬名の馬はターフに登場するだけでも話題になるが、結果が伴えば注目度はさらにうなぎのぼりだ。新馬戦で『カナリキケン』がどんな走りを見せてくれるのかを楽しみにしたい。

JRA 『カナリキケン』な良血牝馬がデビュー? 『カンジンカナメ』の走りも期待できる!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!