NEW

甘デジ分野に「超伏兵」が参戦!? シリーズ史上「最高の継続率」を実現!!【新台分析―パチンコ編―】

【この記事のキーワード】

, , ,

「気軽に遊べる」という特徴が、多くのユーザーに支持されている甘デジ。現在のパチンコにおいて、その需要が高いことは間違いない。

 2020年も「遊びやすさ」と「出玉感」を兼ね備えた機種が発表されており、さらなる盛り上がりを見せそうな気配だ。

 そんな激アツ分野に、ホール機器も扱う名物メーカーの人気シリーズ第4弾が降臨。待望の最新作は、設定付きのV確ST機で「シリーズ史上最高の継続率」を実現した。

 

『Pミニミニモンスター4a』(竹屋)

甘デジ分野に「超伏兵」が参戦!? シリーズ史上「最高の継続率」を実現!!【新台分析―パチンコ編―】の画像1
竹屋HP」より

■大当り確率:1/125.8~1/99.9(1/58.6~1/46.6)
■確変割合:特図1(50%)、特図2(85%)
■時短回数:40回(時短引き戻し率:約27%~約33%)
■ST回数:100回
■ST継続率:約74%~約80%
■賞球:3&2&4&3&10
■ラウンド:4Ror10R
■カウント:10C
■払出出玉:約400発or1000発
〇〇〇

 設定付きのV-STタイプで6段階設定を搭載。時短中の引き戻し率が約30%もあり、遊びやすさが際立つ仕上がりだ。幅広い層に好まれそうなスペックと言えるだろう。

 最大の特徴は「シリーズ史上最高」と宣言した継続率。設定1でも約74%と、十分に連チャンが期待できる。右打ち中の最大ラウンド比率は15%となるため、まとまった出玉の獲得も狙える仕様だ。

 インパクト抜群な3種類の可動役物も搭載するなど、パワーアップした演出面も見逃せない。シリーズ伝統の「ミニミニモード」や、新規演出が追加された「ファンタジーモード」を搭載。さらに一発告知ランプの発生率が大幅UPする「ラッキーランプモード」も加わるなど、楽しめる要素は満載だ。

甘デジ分野に「超伏兵」が参戦!? シリーズ史上「最高の継続率」を実現!!【新台分析―パチンコ編―】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事