NEW

パチンコ店「非常事態」で開店できず!? 苛立つお客…「絶体絶命の大ピンチ」発生!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店「非常事態」で開店できず!? 苛立つお客…「絶体絶命の大ピンチ」発生!!の画像1


 パチンコが好きすぎて職業にしてしまった男。元ホール店員のミリオン銀次でございます。

 ホールには色々なお客様が訪れ、店員とのトラブルが度々生じてしまうのは、これまでのコラムでご紹介した通りですが…。

 ホール店員が直面するトラブルは、お客様との間だけで起こるものではございません。

 ホール運営に支障をきたすシステムや、スタッフ間のトラブルなど、お客様とは関係のないところで大問題が発生している事もあるのです。私がいたホールでも、色々なトラブルがございました。それこそ、ホール営業が困難となる場面にも遭遇したことがございます。

 今回は、私が過去に実際体験した「前代未聞のトラブル」をご紹介させていただきます。

【開店時間に間に合わない!?】

 パチンコ店の開店時間は地域によって異なりますが、みなさんはホールスタッフが開店前に何をしているのかご存じでしょうか。

 開店を待つお客様を整列させたり、抽選を行ったりすることはご存じだと思います。更に店の中では、遊技台の清掃や状態チェック、玉やメダルが残っていないかなどの最終確認が行われております。

 その他に、遊技台やサンドを管理しているホールコンピューターにて「開店処理」が行われます。これは、売り上げや台のデータ表示器情報の前日分をクリアして、本日分として反映させるために行われる重要な処理です。

 この処理を行わないと、当日の売り上げが正確に把握できません。更にデータ表示器の大当りや回転数の履歴も前日から引き継いでしまうので、お客様に適切な台情報を提供する事ができなくなってしまうのです。

 このように、「開店処理」はホール運営において非常に重要な役割を担っておりますので、店長やホール責任者が行っておりました。

パチンコ店「非常事態」で開店できず!? 苛立つお客…「絶体絶命の大ピンチ」発生!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事