NEW

パチスロ「ベルの次ゲームが激アツ」!! ~2号機名機伝説「ウィンクル」編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.10】

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「ベルの次ゲームが激アツ」!! ~2号機名機伝説「ウィンクル」編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.10】の画像1
 昭和63年の規則改正によって誕生したパチスロ2号機。

 様々な新機能を搭載し、ハード・ソフト両面において飛躍的な進化を遂げたこの新世代パチスロで市場へ一番乗りしたのが、高砂電器(現・コナミアミューズメント)の『ウィンクル』である。

パチスロ「ベルの次ゲームが激アツ」!! ~2号機名機伝説「ウィンクル」編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.10】の画像2
 仕様は、BR両ボーナスをメインにフルーツ(小役の集中役)を搭載するAタイプ。

 フルーツは60ゲーム継続(BIG成立で終了、REGは消化後に再開)で、8枚役が超高確率でほぼ毎ゲーム揃い、おおむね180枚の獲得が期待できた。

 BIGとREG、そしてフルーツの3役が絡み合い、変化に富んだ出玉の波を描く──。ウィンクルのゲーム性をざっくり言えば、そんな感じか。

 同じような仕様のマシンは後発のマシンにもよく見られ、2号機のひとつのスタンダードとなっていた。しかし、ウィンクルとその同仕様兄弟機である大東音響の『ベンハー』にしか見られなかった大きな特徴もあった。

 具体的にいうと、フルーツの抽選方法が独特だった。レア役である15枚役のベル。これが入賞した次ゲームにのみ高確率で抽選されるのである。

 つまり「ベルが揃った次ゲームは激アツ!!」というわけで、これこそがウィンクルにおけるゲーム上の最大の見せ場となっていた。

 ちなみに、フルーツに当選した場合は全リール停止後、右リール横にあるLEDインジケータランプが点灯し、プレイヤーを祝福してくれる仕組み。

 神妙な顔をしてランプを凝視しつつ、カラ回しをしてリールが自動停止するのを待つ者。あるいは、ランプの動きに合わせて目押しをする者──。

 当時のウィンクルのシマでは、ベルの次ゲームに各々の方法(ジンクスやオカルト)で楽しむプレイヤーの姿が多く見られたものだ。

パチスロ「ベルの次ゲームが激アツ」!! ~2号機名機伝説「ウィンクル」編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.10】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事