NEW

パチンコ店あわや「営業停止」の事態に!? 「大失態」に泣き崩れるスタッフ…

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店あわや「営業停止」の事態に!? 「大失態」に泣き崩れるスタッフ…の画像1


 現在、パチンコ店のセキュリティシステムは非常に厳重なものとなっており、「ゴト行為」などの魔の手から身を守る万全な体制が整えられております。

 防犯カメラはホールの至る所に設置され、遊技台は簡単に開かないようにワイヤーでロックされております。不正な電波や振動にも敏感に反応しますので、不届き者の存在を察知できる役割を果たしているのです。

 それだけではございません。ホール内には至る場所が鍵で施錠されております。遊技台は当然ながら、サンドや島、メダルや玉が入っているタンクなどの様々な箇所がロックされているのです。

 遊技台などに鍵が掛かっていなければ、メダルや玉が「貸出」以外の手段で簡単に手に入ってしまい、ホールは無法地帯となってとても営業などできません。それだけ鍵は重要な役割を担っております。

 要所すべてを施錠することによって、必然的にスタッフが身に着ける鍵の量は非常に多くなります。あまりの多さに、新人スタッフが種類を覚えるのに苦労するのはお決まりのパターンです。

 無論、鍵は「セキュリティの生命線」ですので、すぐに新人スタッフが身に着ける事はなく、ある程度仕事を覚えた段階で貸与されるのが一般的だと思います。万が一鍵を失くしてしまったら、それこそホール営業の危機に直面する大問題となりますから…。

 では、もしスタッフが鍵を失くしてしまった場合、どのような問題が生じるのでしょうか。実は、私がホールに勤めていた頃、スタッフが鍵を失くして大慌てとなった事が何回かありました。

 今回は、その中でも特に印象的だったエピソードをご紹介いたします。

 あれは忘れもしない2年前の春の出来事でございました。その日は遅番で、夕方から閉店までの業務を行っており、稼働も落ち着いていてゆったりとした時間が流れていたのです。お客様からの呼び出しもあまりなく、「暇だなあ」なんて思いながらバックヤードの清掃をひたすら行っておりました。

 時刻は21時を過ぎ、遊技を終えて帰るお客様が増えてくるタイミングで、私はホールへと戻りました。ジェットカウンターにてひたすらメダルを流していた時、他のスタッフから一番耳にしたくない報告がインカムを通じて流れてきたのです。

パチンコ店あわや「営業停止」の事態に!? 「大失態」に泣き崩れるスタッフ…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事