NEW

JRA武豊「これはレコードちゃうか?」函館2歳S(G3)「前走圧勝」天才が惚れ込むモンファボリ、意外なアノ人もレースを見守る!?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「これはレコードちゃうか?」函館2歳S(G3)「前走圧勝」天才が惚れ込むモンファボリ、意外なアノ人もレースを見守る!?の画像1

 18日(土)、函館競馬場で2歳世代にとって最初の重賞となる函館2歳S(G3)が開催される。世代最初の重賞ウィナーの行方に注目が集まる。

 その中でも、1番人気の支持を集めることが濃厚なのはモンファボリ(牝2歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 函館芝1200m戦でデビューしたモンファボリ。好スタートを切ってハナに立つと、前半3ハロンを33秒7のハイペースで通過した。最後の直線では後続に差を広げる一方で、最終的には5馬身差の圧勝。勝ち時計の1分8秒7は2歳レコードを0秒5も更新した。鞍上の武豊騎手が一度もムチを入れていないことは、さらなる能力の高さの裏付けとなるだろう。

 また、父フランケルは欧州で14戦14勝の伝説的名馬である。現役時代、1400m~2100mで勝利しており、スピード自慢の馬だっただけに1200mも守備範囲だろう。洋芝適性についても不安は全くないはずだ。これは既に函館2歳Sと同条件の新馬戦を勝っているモンファボリにとって、補足情報程度でしかないかもしれない。

 16日、武豊騎手は自身のホームページの日記を更新し、モンファボリについて言及している。

「乗っていても、これはレコードちゃうか?という体感があったほどで、本当に走りが軽い馬。体重は412でしたが、こちらは体感がブレていて、430キロぐらいと思っていました。将来性込みで楽しみな馬です」

 体感でレコード走破を感じ取ったのはさすが名手だ。その一方、馬体重を重く感じたのは412キロの小柄な馬体以上にスケール感があるということだろう。武豊騎手が将来性込みで楽しみというだけに、期待せずにはいられない存在だ。

 武豊騎手の函館2歳S(当時、3歳S)制覇と言えば、1997年のアグネスワールドが思い出される。同馬はスピードを武器に直線コースを得意とし、フランスのアベイ・ド・ロンシャン賞(G1)、イギリスのジュライC(G1)を制した。モンファボリがフランケル産駒ということを考えれば、同じ道を歩んで父の故郷で大暴れすることもあるかもしれない。

 そして、馬主であるサンデーレーシングの関係者と並ぶほどレースに熱い視線を送っている人がいるのではないだろうか。

JRA武豊「これはレコードちゃうか?」函館2歳S(G3)「前走圧勝」天才が惚れ込むモンファボリ、意外なアノ人もレースを見守る!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!