NEW

パチスロ「中古価格」から見る「勝ちやすい」機種!?「ホールの未来」を大予想!!

パチスロ「中古価格」から見る「勝ちやすい」機種!?「ホールの未来」を大予想!!の画像1

 パチンコホールにおいて、一番の出費といえば新台入替えであろう。

 パチンコ・パチスロの新台価格は50万円〜 80万円とも言われ、20台購入すれば1000万円以上の出費となる。

 最近ではリース契約でマシンを入替えする方法もあり、先述した出費に及ばないまでも、多大な経費が動くことに変わりがない。

 ホールは新台ではなく、中古機種を新たに導入する場合も存在。中古であれば新台よりも費用が軽くなり、人気機種であれば実績も保証されている。

 マシンの中古価格は時価だ。人気や希少価値などで値段が変動する。その価格を見ることで人気機種が判断できることもあるのだ。

 その相場は「中古機相場.com」というサイトで確認が可能。同サイトはパチンコ・パチスロ両方の価格が記載されている。

 7月16日時点のデータでは、パチンコのトップが『P大工の源さん 超韋駄天』。前代未聞の出玉スピードで人気急上昇中の機種だ。

 中古ながら平均価格は130万円を超えており、前日よりも約2万円も値段が上がっている。このデータでは、日に日に人気が高まっていることが読み取れる。

 SANKYOの『PF戦姫絶唱シンフォギア2』の価格も凄まじい伸びを見せている。

 前作『CR戦姫絶唱シンフォギア』の人気を引き継いでおり、更なる進化で需要を伸ばしている印象だ。

 ホールを回ってみても上記2機種の稼働は群を抜いており、満席の状況を確認することが多い。

パチスロ「中古価格」から見る「勝ちやすい」機種!?「ホールの未来」を大予想!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事