NEW

JRA荒れる函館記念(G3)は直木賞・芥川賞から浮上した「サイン馬券」で決まり!? 馳星周氏「直木賞のご褒美に……」希望したのは、あの名馬一族の激走!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA荒れる函館記念(G3)は直木賞・芥川賞から浮上した「サイン馬券」で決まり!? 馳星周氏「直木賞のご褒美に……」希望したのは、あの名馬一族の激走!の画像1

「競馬の常識」に縛られないサイン馬券。前回の七夕賞(G3)では、その週に歌手活動も精力的に行っていた声優の結婚が相次いだこともあり、音楽用語で“だんだん強く”という意味の“クレッシェンド”が名前に入っている3番クレッシェンドラヴを推薦したところ見事に勝利。

 さらにお祝い事が続いたために入れた「Vin(ワイン)とBanquet(宴会)の合成語」が由来の12番ヴァンケドミンゴが3着。ワイドならば的中とまずまずな結果に終わった。

 この勢いに乗って連続的中といきたい今回、取り上げるのは函館記念(G3)だ。今週は、競馬愛好家としても知られる故・菊池寛氏が設立した直木賞と芥川賞という日本を代表するふたつの文学賞に「サイン」が隠されていると見た。

 まず直木賞は馳星周氏が、東日本大震災で被災した犬と少年が数年後に熊本で再会するまでを描く『少年と犬』で受賞。馳氏はデビュー作「不夜城」から6度も候補に選ばれるも、落選。7度目の挑戦で初受賞となった。

 悲願を達成した馳氏は北海道出身で大の競馬好き。とくに現役時代に香港ヴァーズ(G1)などを勝利したステイゴールドに心酔しているという。受賞後は自身のTwitterで喜びを爆発させ、さらに「直木賞のご褒美にステイ一族の馬たちが爆走してくれることを希望。馬券もそう買うw」とツイートしている。

 今回、函館記念に出走するステイゴールド産駒といえば、16番マイネルファンロンだ。近走は凡走に終始しているが、昨年の函館記念では9番人気ながら勝ち馬マイスタイルとはタイム差ナシの2着と激走。今年も怖い存在だ。

 またステイゴールドの後継オルフェーヴル産駒である2番バイオスパークも浮上する。函館芝2000mでは3戦して1勝2着1回4着1回と好成績。雨の中、重馬場で行われた前走の都大路S(L)で2着に入っていることから、パワーが必要な洋芝向きとも考えられる。外せない1頭だろう。

 そして芥川賞。今回は高山羽根子氏、遠野遥氏がW受賞を果たした。

 高山氏の「首里の馬」は、沖縄に関する資料館に出入りしていた主人公が、この地に「琉球競馬」があったことを知り、当地の文化に興味を持つところから物語が展開する。首里は沖縄県那覇市の一部だが、その地域で特に有名なのは、赤瓦が使われるなど全体的に赤く彩られることで知られる首里城だ。

 競馬で赤といえば「3枠」。今回は5番カウディーリョ、ドゥオーモは押さえておきたい。また、もうひとりの遠野氏は『破局』で平成生まれ初の受賞。彼が誕生した1991年は平成“3”年と、ここでも『3』が出てくる。おいそれと切るわけにはいかない。

 今回、2番バイオスパーク、5番カウディーリョ、6番ドゥオーモ、16番マイネルファンロンがサインから浮かび上がった。今週は1着、3着ではなく、キレイにワンツーフィニッシュを決めてもらいたい!

JRA荒れる函館記念(G3)は直木賞・芥川賞から浮上した「サイン馬券」で決まり!? 馳星周氏「直木賞のご褒美に……」希望したのは、あの名馬一族の激走!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!