NEW

パチンコ店で「カルチャーショック」の冷やかし!? 女性スタッフの「心を奪った珍客」が来店

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店で「カルチャーショック」の冷やかし!? 女性スタッフの「心を奪った珍客」が来店の画像1


 今や、日本を代表する娯楽「パチンコ」。

 演出やゲーム性は時代の流れとともに進化し、エンターテイメント性に富んだ娯楽として確固たる地位を築き上げました。今では海外の方々も「パチンコ」という文化に興味を示しており「日本に行ったらパチンコをやってみたい」という声も多くなっております。

 私が働いていたホールでも「海外からの旅行客」と思われる方が度々来店されておりました。遊技台を物珍しそうに眺める方や、カウンターに並ぶ豊富な景品に興味津々の方など、日本独自の文化を肌で感じて楽しんでいたのです。

 中には、実際にパチンコにチャレンジしようとする方もいらっしゃいましたが、当然ながら遊技方法を知らない方がほとんどで、訳も分からず困り果ててしまう事も珍しくありませんでした。

 都心部などのインターナショナルな地域のホールであれば、海外の方に向けた外国語の遊技マニュアルが完備されていると思います。しかし、私のいたホールは地方で観光地でもなかったので、海外の方が来るのは本当に稀でマニュアルなどありませんでした。

 ですので、海外の方がホールで遊技をご希望の際は、スタッフが1から全てレクチャーしておりました。英語圏のお客様であれば、英語に精通したスタッフが対応して問題なく遊技していただけるのですが…。

 英語以外の言葉を話す方にパチンコをレクチャーするのは非常に大変です。今回は私が実際に体験した海外のお客様にまつわるエピソードをご紹介しましょう。

 ある日、いつものようにホールを巡回していると、女性スタッフが声のトーンを上げて「かっこいい外人さんが来店しました♪」と嬉しそうにインカムで報告してきました。

 他の女性スタッフも「ええ!すごい気になる!」「今どこにいますか?」とテンションが上がった様子ですっかり浮かれ気分となっており、女子会のような和やかな空気がホールを包み込んでいたのです。

「ほんとだ!かっこいい!」「スタイルめっちゃいい!」と盛り上がる女性スタッフの話を聞いていると、男の私でも「どんな方だろう」と興味が出てきてしまいます。さりげなく海外の方がいる場所へと足を運びました。

パチンコ店で「カルチャーショック」の冷やかし!? 女性スタッフの「心を奪った珍客」が来店のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事