NEW

パチスロ再開で「5戦5敗」…【濱マモルの のほほんコラムVol.54~途切れた流れとストック機~】

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ再開で「5戦5敗」…【濱マモルの のほほんコラムVol.54~途切れた流れとストック機~】の画像1


 由々しき事態である。

 パチンコ店の休業要請が明けて以来、仕事を含めたパチスロで5戦5敗。その負債額はかなりのものであり、家計を圧迫している。

 以前のコラムで、久しぶりの再戦までに勝負勘を取り戻そうといったことを書いた。息子のニンテンドー3DSを拝借してオセロをしたり、スマホでテキサスホールデム・ポーカーをしたり、個人的にはそれなりに調整したつもりだったのだが、効果はゼロ。

 ボーナス合算出現率、REG出現率共に設定6の数値をぶっちぎっているアイムジャグラーを拾って打つもストレートで700G以上ハマるし、ならばと甘デジを打っても大当りフラグはどこかに消滅したかのようにスーパーリーチがハズれまくる。もはや、泣きたくなるほどの惨劇である。

 6月19日、待ちに待ったプロ野球が開幕した。連日、チューハイ、キンミヤ焼酎とお茶、下町のナポレオンこといいちこのほろ酔い3点セットを用意して自宅で愛する阪神タイガースを応援するも、4カードを終えた時点で2勝10敗。

 やはり開幕が延びたことはプロにも影響するのかと心配したが、よくよく考えれば相手も同じ条件であり、要するに勝負の行方は自分次第なのである。

 実のところ、コロナ禍前は調子が良かった。狙い台がズバリと当たり続けたこと、抽選が珍しく良番続きだったこともあり、連続勝利数は池田親興、野田浩司、藪恵壹、バルデス、今でいえば馬場皐輔の背番号と同じ「18」。

 ここまでの連勝は長いスロ歴の中でも記憶にないのだが、それが一転、まるで勝てなくなってしまったのだから完全に流れが変わってしまったと考えるのが妥当であろう。

 流れを再び変えるためには、強烈な一撃が必要だ。さりとて、そもそも当たりを引けないのだから、これ以上、投資を続けては借金生活へ陥る可能性がある。一家の主としてそれだけは避けなければならないのだから、ひとまず家スロで爆連させてやろうと考えたわけだ。

 現在、我が家にあるのは『獣王』『ウイリーチャンプ』『目指せドキドキ島』の4号機3台。獣王の設定6は純ハズレでほぼAT当選する代わりに単発or3連であるから、爆連には繋がらない。

 となると、ここはBモノ、即ちチューンアップされたウイリーチャンプを打つべきだろうと、家族が就寝した夜、ひっそりと台の電源を入れたのだが、さすがはBモノ、どうにも当たりを引けないのである。

パチスロ再開で「5戦5敗」…【濱マモルの のほほんコラムVol.54~途切れた流れとストック機~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事