NEW

速水もこみち、料理YouTube「閑古鳥」状態に……追いオリーブも謎野菜も消え“一般人ユーチューバー”化!?

【この記事のキーワード】

,

速水もこみち、料理YouTube「閑古鳥」状態に……追いオリーブも謎野菜も消え一般人ユーチューバー化!?の画像1

 2010年にレシピ本『速水もこみちが作る50のレシピ きみと食べたら、きっと美味しい。』(マガジンハウス)を出版したのを契機に11年4月〜19年3月まで『ZIP!』(日本テレビ系)で「MOCO‘Sキッチン」という料理コーナーを担当していた俳優・速水もこみち

 その後、19年6月には、公式YouTube『M’s TABLE by Mocomichi Hayami』を開設し、手料理公開を継続。公開直後は再生回数100万回を超える動画を連発し、人気ユーチューバーの仲間入りしていたのだが、現在その危機にあるようだ。

「実はここ最近の速水さんの動画は再生2万前後を行ったり来たりしている状況。開設当時と比べたらかなり下がっています」(芸能ライター)

 100万回超えしていた再生回数が地味な数になってしまった速水。一体原因はなんなのだろうか。

「原因はいくつかあるかと。まず、『MOCO‘Sキッチン』で名物となっていた“追いオリーブ”が少なくなっていた点ですね。やっぱりそれがないとなれば、普通の料理動画に見えてしまいます(笑)。

また、もう一点は一般的に手に入らないような謎の野菜が出てこなくなったことでしょう。動画を見ればわかるのですが、手間がかかる料理を作っている割に、手に入らない謎野菜は使わず、庶民的な野菜を使っています。料理動画としての配慮なのかもしれません。

しかし、これらの特徴がなくなったことで、他の料理ユーチューバーと変わらなくなってしまったのかと。速水さんの動画を見る必要性がなくなってしまったのかもしれません」(同)

 また、19年8月に女優・平山あやと結婚したが、それも関係があるようだ。

「結婚をしてから、公開する料理が家庭寄りになっているんです。もこみちさんといえば、これまで『家庭で作れない!』と参考にならない料理をすることで人気を博してきました。それもなくなったわけなので、視聴者が離れたのかもしれませんね」(同)

 視聴者の参考にと料理動画を始めたと思うのだが……。やはり特徴がないと、YouTubeの世界は厳しいのかもしれない!?

速水もこみち、料理YouTube「閑古鳥」状態に……追いオリーブも謎野菜も消え“一般人ユーチューバー”化!?のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事